奇妙な遺品が40年前の青春の秘密を呼び覚ます 『ベロニカとの記憶』予告編&新場面写真

写真拡大

 2018年1月20日に公開される映画『ベロニカとの記憶』の予告編が公開された。

動画はこちら

 本作は、2011年英国ブッカー賞に輝いた、記憶と時間をめぐる小説『終わりの感覚』を、『めぐり逢わせのお弁当』のリテーシュ・バトラ監督が映画化したもの。60歳を過ぎ、ひとりきりで静かな引退生活を送るトニーの元に、見知らぬ弁護士から「あなたに日記を遺した女性がいる」と手紙が届く。その女性とは、40年前に別れた恋人ベロニカの母親だった。トニーは思いもよらない奇妙な遺品から、長い間忘れていた青春時代の記憶、若くして自殺した親友、初恋の真実を紐解いていく。

  主人公のトニーを演じるのは、『アイリス』でアカデミー賞を受賞し、『ハリー・ポッター』シリーズでも知られるジム・ブロードベント。トニーにとってミステリアスなベロニカを『さざなみ』でアカデミー賞にノミネートされたシャーロット・ランプリングが演じる。さらに、若き日のトニー役にビリー・ハウル、若き日のベロニカ役にフレイア・メーバーが名を連ねた。

 今回公開された予告編は、引退生活を平穏に過ごし、元妻とも良好な関係を築き、出産まじかの娘がいる主人公トニーの元に、ある一通の奇妙な手紙が届いた所から始まる。初恋の女性ベロニカとの40年ぶりの再会、これをきっかけに、トニーの初恋の記憶が揺らぎ出すさまが、ミステリータッチで写し出されている。(リアルサウンド編集部)