画像提供:マイナビニュース

写真拡大

iOS 11ではiPadの様々な機能が大きく変わりました。その一つがマルチタスキングです。これは、同時に2つのアプリの画面を表示させるiPadならではの機能のこと。iOS 10とは分割の方法が違うので、戸惑っている方も多いかもしれません。

マルチタスキングには、2つ目のアプリが"浮いた"状態の「Slide Over」と、2つとも埋め込んだ状態の「Split View」の2種類があります。それぞれの使い方をご紹介します。

○Slide Overの使い方

アプリを開いた状態で、もう一つ別のアプリを別ウィンドウで立ち上げることができます。これがSlide Overです。

Slide Overのウィンドウは画面上で右寄せ・左寄せにすることができます。一時的に画面外へ隠すことも可能です。

Dockから別のアプリをドラッグ&ドロップすると、浮いているウィンドウのアプリを切り替えられます。

○Split Viewの使い方

Slide Overの画面を"浮いた"状態ではなく、埋め込んで画面を分割するのがSplit Viewです。2つのアプリを7:3/5:5/3:7に分割することができます。

境界線を動かすことで、画面の割合を変えることができます。

Dockを表示させ、別のアプリをドラッグ&ドロップすると、表示されるアプリを切り替えられます。

○Slide OverとSplit Viewを切り替える

Slide OverとSplit Viewは、簡単に切り替えることができます。