画像提供:マイナビニュース

写真拡大

ソニー企業は11月14日、茨城県大洗町のふるさと納税(大好きです大洗寄附金)の返礼品として、「行ける! ふるさと納税」の展開を開始した。

「行ける! ふるさと納税」は、従来の地域ゆかりの商品を提供する方式とは異なり、謝礼品を受け取った後に、その地域に訪問したくなるような商品構成を採用。

アニメ「ガールズ&パンツァー」の舞台として知られる大洗町オリジナルのふるさと納税パックは、「オリジナルガルパンジャケット」「大洗タウンミーティング参加チケット」「"ガールズ&パンツァーうぉーく!" ワンデーラリー体験チケット」「"ガールズ&パンツァーうぉーく!" ゲームパスポート」の組合せとなっている。

「オリジナルガルパンジャケット」は、ストレッチ素材を使用した街歩きに最適なデザインとなっており、形の違うA・Bの2パターンを各2色ずつ展開。胸部分には希望の文字(13文字程度まで)を入れることができるという。S/M/L/LL/LLLの5サイズが用意されており、いずれも大洗ガルパンギャラリーにて試着可能となっている。

「大洗タウンミーティング」は、「もっと大洗を好きになる!」をテーマに大洗町について語り合うもので、2018年6月3日と2018年9月2日に大洗町文化センターにて開催される。最大収容人数は、各日800名。

「ガールズ&パンツァーうぉーく!」は、GPSとARと看板を使った新しいオリエンテーリングゲームで、アプリ上でキャラクターとコミュニケーションを取りつつドラマボイスでの物語を体験できるというもの。「大洗タウンミーティング」後には、「"ガールズ&パンツァーうぉーく!" ワンデーラリー」が実施される予定で、一日限定のミッションを見事クリアすると、認定証がプレゼントされる。