朴城ヒョン(韓国女子プロゴルフ協会提供)=(聯合ニュース)

写真拡大 (全5枚)

【ネープルズ、ソウル聯合ニュース】今季の米女子ゴルフで、韓国のスーパールーキー、朴城ヒョン(パク・ソンヒョン、24)が賞金ランキング1位を確定させ、年間最優秀選手でも柳簫然(ユ・ソヨン、韓国)と並びトップとなった。朴はすでに新人賞も獲得しており、3冠を達成した。

 今季最終戦のCMEツアー選手権は20日(日本時間)、米フロリダ州ネープルズのティブロンGC(パー72)で最終ラウンドが行われ、朴は3アンダーの69で回り、通算12アンダー、276で6位タイだった。優勝はアリヤ・ジュタヌガーン(タイ)。朴は優勝には手が届かなかったものの、今季の賞金ランキングと年間最優秀選手で1位となった。米女子ツアーで新人が賞金女王と年間最優秀選手を獲得するのは1978年のナンシー・ロペス(米国)以来、39年ぶり。

 朴は今季、米女子ツアーに本格参戦した。新人の賞金女王は、ロペス(78年)と申ジエ(シン・ジエ、韓国、2009年)に次いで3人目。

 また、韓国勢が年間最優秀選手に選ばれるのは、2013年の朴仁妃(パク・インビ)以来、4年ぶりとなる。