2017年11月17日、ホンダ・オデッセイがマイナーチェンジを受けました。安全運転支援システムの「Honda SENSING(ホンダ・センシング)」の全車標準装備化と、フェイスリフトが主なトピックス。「ホンダ・センシング」は、ミリ波レーダーと単眼カメラによる車両前方の状況認識、ブレーキとステアリングの制御技術です。

オデッセイに用意されるのは、衝突軽減ブレーキ(CMBS)や誤発進抑制機能をはじめ、ACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)、LKAS(車線維持支援システム)、先行車発進お知らせ機能、歩行者事故低減ステアリング、路外逸脱抑制機能、標識認識機能。

なお、ハイブリッドには、ACCに渋滞追従機能が加わり、先行車両がいない場合は設定された車速を維持し、前走車がいる場合は、自動で加・減速を行い、車間距離を保持するもの。渋滞時も含めドライバーの負担を軽減します。

エクステリアの見どころは、フロントバンパーとグリルのデザインが変更され、力強い印象の顔つきになったほか、LEDフォグライトを標準装備することで、全車の外観デザインが統一されています。

足元では、アルミホイールのデザインが刷新されていて精悍な印象をもたらしています。また、ボディカラーでは、新たに「コバルトブルー・パール」、「プラチナホワイト・パール」が採用され、全7色を用意。

装備では、オデッセイ自慢の2列目プレミアムクレードルシートの快適性を引き上げる大型ヘッドレストを、足元にはスマートフォンやペットボトルなどが収納可能な小物入れが採用され、高級ミニバンにふさわしい快適な空間に仕上げられています。

さらに、純正ナビゲーションの「Gathers(ギャザズ)」が9インチに対応し、ナビ装着用スペシャルパッケージと組み合わせることで操作性や視認性を向上。

オデッセイの価格帯は、2.4Lガソリン仕様が2,980,000円~3,653,600円。2.0Lエンジン+モーターのハイブリッドが3,750,000円~4,150,000円です。

(塚田勝弘)

【新車】オデッセイがマイナーチェンジ。「ホンダ・センシング」を全車標準化、力強い顔つきに変身(http://clicccar.com/2017/11/20/533405/)