“彼らは全員、元殺人犯” 錦戸亮主演『羊の木』最新ビジュアルと予告編を公開

写真拡大

 錦戸亮主演映画『羊の木』より、最新ビジュアルと予告編が公開された。

参考:動画はこちらから

 本作は、2014年文化庁メディア芸術祭優秀賞を受賞した山上たつひこといがらしみきおによる同名コミックを、『桐島、部活やめるってよ』『紙の月』の吉田大八監督が実写映画化したヒューマンミステリー。受刑者を仮出所させ、過疎化が進む町で受け入れる国家の極秘プロジェクトを担当することになった、ある寂れた港町“魚深”の市役所職員・月末が、6人の元殺人犯の男女と関わっていく模様を描く。主人公の市役所職員・月末を錦戸が演じるほか、木村文乃、北村一輝、優香、市川実日子、水澤紳吾、田中泯、松田龍平が共演に名を連ねる。

 今回公開された予告編の冒頭では、さびれた平和な町に、“元殺人犯”という素性を隠しながら新住民として移住してきた男女6人が、新生活を始める姿が映し出されている。住民たちは彼らの素性を知らずに交流を持ち、月末の同級生で都会から地元に戻ってきた文(木村文乃)は、“元殺人犯”の一人である宮腰(松田)と交際にまで発展。不穏な空気が漂うなか、身元不明の変死体が発見され、静かな町の日常が崩れていく様が垣間見える。後半にかけて高まる緊張感が印象的な映像となっている。

 またあわせて、作品公式サイトにて、最新ビジュアルも公開された。月末の周りに6人の元殺人犯と、月末が思いを寄せる同級生の文が配置され、彼らが見るものを圧倒する迫力で月末に迫る様子が伝わってくる。(リアルサウンド編集部)