JYこと知英が自身の主演ドラマ「オーファン・ブラック〜七つの遺伝子から〜」の主題歌アーティストに

写真拡大

12月2日(土)にスタートする新ドラマ「オーファン・ブラック〜七つの遺伝子から〜」(フジ系)で、1人7役を務めることに決まった知英が、アーティスト・JYとして本作の主題歌を担当することに決まった。

【写真を見る】髪をかき上げるしぐさもセクシー! スタイル抜群のJY(知英)

既に発表されている12月23日(土・祝)公開の映画「リベンジgirl」の主題歌「Secret Crush 〜恋やめられない〜」と、このたび発表されたドラマ主題歌「MY ID」の両A面シングルとして、12月20日(水)に発売される。

映画に続いてドラマの主題歌も担当することになり、JY(知英)は「今回リリースする2曲が、それぞれ映画とドラマの主題歌になり、とてもうれしいです」と喜びを語った。

また、今回CDジャケットも解禁。真っ白な衣装に身を包み笑いかけるキュートなJYと、真っ黒の衣装で挑発的な眼光鋭いクールなJYの姿が印象的な仕上がりになっている。

ジャケット写真を手掛けたのは、名実共に日本を代表するフォトグラファーの1人である北島明氏。撮影枚数が進むにつれて、尻上がりに表現の幅を広げていくJYの姿に「シャッターが止められなかった」と現場の様子を語るなど、“被写体JY”を絶賛する撮影となった。

今回、新ドラマの主題歌に決まった新曲「MY ID」は、ドラマのために書き下ろされたダンストラックだ。BBCアメリカで放送され、エミー賞を受賞するなど本国で大きな話題となっている同作の日本版オフィシャルリメーク。

ドラマ本編では1人7役に挑戦しているが、楽曲「MY ID」もさまざまな言語や人格を操るドラマの内容とリンクし、あおるようなビートと、目まぐるしく展開するドライブ感が魅力の一曲となっている。歌詞の9割を流暢な英語で歌い上げる姿に彼女の国際感覚の豊かさを感じることができる。

両A面の対となるもう一曲は「リベンジgirl」の主題歌で、ワン・ダイレクションをはじめ、ケイティ・ペリーやウィーザーなど数々のヒット曲を連発するグラミー賞受賞プロデューサーでもあるサム・ホランダーと、JYの共同作業による新曲「Secret Crush〜恋やめられない〜」。

楽曲のテイストも、写真も全くもって両極端なこの2曲を歌い分ける魅力をはらんだJYを堪能できるシングルが、ドラマ&映画の盛り上がりと相まって大きな話題を呼びそうだ。

ドラマの主題歌「MY ID」の魅力を、JYは「ほとんどが英詞ですが、『自分のアイデンティティとは?』という問いかけを強く表現した、ドラマにピッタリのカッコいい歌詞になりました。音楽もドラマのスリリングな展開をあおるようなビートが特徴的で、存在感のある楽曲に仕上がっており、ドラマ本編にも臨場感を出せたらいいなと思います」とコメント。

続けて「『MY ID』は激しくてクールなイメージで、映画主題歌『Secret Crush〜恋やめられない〜』は女性らしい柔らかいイメージ、この1枚で対照的なJYを堪能していただけると思います。女優知英としても歌手JYとしても『オーファン・ブラック』を盛り上げていきたいです」と意気込んだ。(ザテレビジョン)