スピッツとアキラ100%の“お盆芸”に隠された深い繋がりとは

写真拡大

お笑い芸人のアキラ100%が、11月20日(月)25時放送の『オー!!マイ神様!!』(TBS系)で、“スピッツ愛”を熱弁する。

田中裕二(爆笑問題)とカズレーザー(メイプル超合金)がMCを務める同番組は、第一線で活躍する芸能人が「マイ神プレゼンター」となり、「マイ神」との出会いや虜になったきっかけ、また武勇伝や名言、マニアックな情報などを、様々な角度から熱く語る“神様プレゼンバラエティ”。

90年代に独自路線の音楽性を打ち出し、若者を中心に大ブームを巻き起こしたスピッツ。結成30周年を迎えた現在も、過去の楽曲が映画やドラマの主題歌になるなど、世代を問わず愛され続けている。

彼らの名曲と共に人生を歩んできたと語るのが、今回のゲスト・アキラ100%だ。芸人としての危機を救ったのが、スピッツの名曲「けもの道」だったという。いつもと同様、全裸で登場した彼は、歌詞に秘められた独特な世界観を解説し、スピッツの言葉から学んだ人生を輝かせる秘訣を語る。

そんな中、アキラ100%の持ちネタ“お盆芸”とスピッツの深い繋がりが明らかになる。「スピッツの存在がなければ芸人としてのブレイクはなかった」という言葉の真意とは? 「けもの道」の歌詞のある言葉に抱いた決意とは? “お盆芸”とスピッツにまつわる深すぎるエピソードに、田中らは思わず感動する。