18日、米レンタカー大手「エンタープライズ・レンタカー」がこのほど、チベットや新疆、台湾、南シナ海などが含まれていない中国地図を公式サイトに掲載したとして、中国国内で批判を浴びている。資料写真。

写真拡大

2017年11月18日、米レンタカー大手「エンタープライズ・レンタカー」がこのほど、チベットや新疆、台湾、南シナ海などが含まれていない中国地図を公式サイトに掲載したとして、中国国内で批判を浴びているという。

米華字メディアの多維新聞が伝えたもので、同社は創業50年を超える北米最大のレンタカーブランドで、営業拠点は5大陸に及び、中国でもレンタカー大手「一●租車(イーハイレンタカー、●=口へんに海)」と業務提携している。

中国版ツイッターの微博(ウェイボー)に今月8日、同社の公式サイトに掲載されている中国地図にチベット、新疆、台湾、南シナ海が含まれていないと指摘する投稿があり、この投稿が拡散し物議を醸したことを受け、同社は公式アカウントを通じて「事実を確認しフィードバックする」と回答していた。だが10日経過しても地図が修正されていないため批判の声が上がっているという。

「新疆、チベット、台湾、南シナ海では同社の業務が展開されていないため地図から省かれているのではないか」との指摘も出ていたが、他の国の地図ではサービス対象外の地域も描かれているという。(翻訳・編集/柳川)