昇格POに闘志を燃やす主将・佐藤寿人「どのクラブよりも強い意志がある」

写真拡大

 2017明治安田生命J2リーグ最終節が19日に行われ、名古屋グランパスとカマタマーレ讃岐が対戦した。

 アウェイでの讃岐戦に2−0で勝利した名古屋は、他会場でアビスパ福岡がファジアーノ岡山と引き分けたことにより、順位を3位に浮上させてリーグ戦を締めくくった。

 名古屋のキャプテンを務める佐藤寿人が試合後の取材に応じ、J1昇格をかけて行われるプレーオフについて「2位で上がるクラブよりも、下手したら1位で上がるクラブよりも、プレーオフを勝ち抜いたクラブの方が注目されると思う」と話し、「喜びとして、一つのモチベーションとして、勝者として終えたいと思います」と、新たな舞台に向けて気持ちを新たにしていた。

 26日に開催されるプレーオフ準決勝で、名古屋はジェフユナイテッド千葉と対決する。佐藤は「このタイミングで、兄のいる、自分の古巣でもある千葉と対戦できる。こういうところを乗り越えていかなければ、J1には行けないです」と話し、浅からぬ縁のある相手に打ち勝つという決意を示した。

 今季の名古屋は千葉に対して、今月11日に喫した敗戦も含め2戦2敗と苦しめられた。「自分たちの良さよりも、千葉に良さを出させてしまうような試合展開になってしまった」と振り返った佐藤は、「こんなにすぐ悔しさの借りを返す機会はそうそうない」と、早くも訪れたリベンジのチャンスに向けて闘志を見せている。

「相手の良さや特徴をもっと理解した上で、自分たちが何ができるか、何で上回っていけるかというのをピッチで体現できなければ、どの試合でも難しい結果となってしまいます。つい先日やられて、脳裏に焼き付いているものもたくさんあるので、一番いいんじゃないですかね」

 プレーオフに向けての意気込みを聞かれた佐藤は「J1に戻る、という強い思いのあるクラブが勝ち抜けると思います」と答えた。クラブ史上初となる降格を経て臨んだ今シーズン、最大の目標であったJ1復帰のチャンスはまだ残されている。

「自分たちはどのクラブよりも勝る強い意志があると思っていますし、自分もそういう思いを持って名古屋に来たので、集大成をこの2試合で体現していければと思います」と語った主将の言葉通り、名古屋は短期決戦を勝ち抜いてJ1への最後の椅子を勝ち取ることができるだろうか。