▽明治安田生命J3リーグ第32節の8試合が19日に各地で行われた。

▽首位の栃木SCは、最下位に沈むガイナーレ鳥取と対戦し、1-1のドローに終わった。前半終了間際に前田の一発でリードを許した栃木だったが、54分に牛之濱が同点弾。しかし、勝ち越せず、2試合連続ドローで4戦未勝利となり、福島ユナイテッドFCを下したブラウブリッツ秋田に首位の座を明け渡している。

▽そのほか、3位のアスルクラロ沼津は、FC琉球とホームで対戦し、1-0で勝利した。ゴールレスで迎えた65分に生まれた尾崎のゴールが決勝点となり、3試合ぶりの白星を手にした沼津が上位陣の追走に成功した。

▽なお、今節の結果を受けて、J3優勝争いは秋田、栃木、沼津の三つ巴に。だが、2枠を巡るJ2自動昇格権争いにおいて、J2クラブライセンス不所持の秋田、沼津の3位以内が確定したため、今シーズンのJ2昇格クラブは最高でも1クラブということも決まった。

◆J3第32節

▽11/19(日)

アスルクラロ沼津 1-0 FC琉球

カターレ富山 1-2 AC長野パルセイロ

ブラウブリッツ秋田 2-1 福島ユナイテッドFC

SC相模原 0-0 FC東京U-23

ガンバ大阪U-23 0-0 鹿児島ユナイテッドFC

Y.S.C.C.横浜 1-2 グルージャ盛岡

セレッソ大阪U-23 0-0 藤枝MYFC

栃木SC 1-1 ガイナーレ鳥取