元女王・森田理香子はリランキングに狙いを定める(撮影:上山敬太)

写真拡大

<大王製紙エリエールレディスオープン 最終日◇19日◇エリエールゴルフクラブ松山(6,550ヤード・パー72)>

「大王製紙エリエールレディス」で森田理香子の今シーズンが終了した。4年前、劇的イーグルで優勝を飾った地での戦いはトータル2アンダー・37位タイで閉幕となった。

【関連】笑顔を絶やさぬ元・女王!森田理香子の特選フォト
セカンドQTで落選となったため来季は出場試合が限られるが、「リランキング制度がこのタイミングで出来たのも運が良いと思うし、まだまだゴルフが好き」。来年から導入される「リランキング」による、シーズン中盤での出場資格優先順位の上位に照準を定めている。

“その為に主催者推薦などを前半戦に集中させる?”という質問にうなずく。「その為にも推薦を頂けるように頑張らないといけないし、その中で結果を出していかないといけない」。最大8試合の推薦出場を有効に活用し、1回目のリランキング(6月4週。今年で言えばアース・モンダミンカップ後)で出場権を獲得。その後は優先的に出場できる大会で賞金を上積み、シード復活を目論んでいる。

早くも勝負は始まっている。「今年のオフが影響してくると思う。今取り組んでいるもので徐々に良い方向に向かっている。焦らず頑張りたい」と話し、クラブハウスを後にした。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

リランキング制度ってなんだ?こちらで解説します
有村智恵、シード復帰ならず…「QT頑張ります」
人気ドキュメンタリー番組も密着 這い上がる元女王・森田理香子の注目度
原江里菜が5年守ったシードを喪失「色々連鎖した結果」
来季を彩るシード49人が決定!初シードは10人、ラスト1枠は来週確定