横浜FCの三浦知良【写真:Getty Images for DAZN】

写真拡大

 19日、明治安田生命J2リーグの今季最終節となる第42節の試合が開催された。ジェフユナイテッド千葉対横浜FC戦では、横浜FCのカズことFW三浦知良が今季12試合目となる出場を果たした。

 千葉戦のベンチに入ったカズは、スコアが1-1だった74分から交代出場。自身の保持するJ2およびJリーグ全体の最年長出場記録をさらに更新し、新たな記録は「50歳8ヶ月21日」となった。

 カズは今季開幕戦から3試合連続で先発出場し、第3節のザスパクサツ群馬戦では決勝ゴールを記録。Jリーグ最年長記録を更新する「50歳14日」でのゴールだった。結局、この1点が今季の唯一の得点となった。

 その翌週の試合を欠場したあと、第5節からは再び4試合連続の先発出場。その後は出場のない時期が続いたが、7月に2試合、9月に1試合、11月に入ってから2試合に交代で出場した。

 試合は千葉が後半アディショナルタイムに劇的な決勝点を奪い、6位に浮上して昇格プレーオフ出場権を獲得。横浜FCは10位でシーズンを終えている。

text by 編集部