MM総研は、2017年度上期(2017年4月〜9月)の国内における携帯電話・スマートフォンの出荷台数調査結果を発表しました。スマートフォンの出荷台数は前年同期比12.9%で、上半期の出荷数としては調査開始以来2番目の大きな伸びとなりました。

2017年度上半期のスマホ出荷台数は過去2番目の多さ

2017年度上半期の携帯電話・スマートフォンの出荷台数は前年同期比7.6%増の1,634.6万台で、2000年の調査開始以来最低となった2016年度上半期からのV字回復となりました。
 
特に、スマートフォンの出荷台数が1,373.6万台(前年同期比12.9%の伸び)で、スマートフォン出荷台数として2012年度上半期に次ぐ2番目を記録しました。
 
SIMフリースマートフォンの出荷台数は144.6万台で前年同期比20.4%の伸びとなりましたが、MM総研の予測を下回りました。
 
スマートフォン出荷台数全体のうち、SIMフリースマートフォンが10.5%を占め、前年同期から0.6ポイント増加しています。

スマホ出荷台数シェアトップはiPhoneの44.2%、SIMフリースマホではHuawei

メーカー別の出荷台数では、1位がiPhone(Apple)で37.2%のシェアを獲得しています。いか、シャープ、京セラ、富士通、ソニーモバイルと続いています。
 

 
シェアをスマートフォンに限定すると、1位のiPhone(Apple)がシェア44.2%、2位以下はソニーモバイル、シャープ、Samsung、富士通の順でした。
 
SIMフリースマートフォンに限定したメーカー別シェアでは、2〜3万円台で購入できる端末が人気を集めたHuaweiが1位となりました。

2017年度通年の出荷台数は前年比2.5%の増加と予測

MM総研は、2017年度(2017年4月〜2018年3月)の総出荷台数は、前年比2.5%増の3,740万台で、そのうちスマートフォンが3,170万台になると予測しています。

 
 
Source:MM総研
(hato)

 
 

あわせて読みたいiPhone X関連記事

【レビュー】iPhone X シルバー開封の儀&旧機種と外観比較【iPhone X】初期設定がより便利に!旧iPhoneからの移行レポートiPhone Xの料金、性能を徹底比較特集ページiPhone Xの予約・入荷・在庫状況 情報掲示板iPhone Xを予約!オンラインで確実に購入する方法まとめ