来年デビュー5周年を迎えるつりビットのメンバーたち。竹内夏紀、安藤咲桜、聞間彩、長谷川瑞、小西杏優(左から)

写真拡大

11月1日に9枚目のシングル「1010〜とと〜」をリリースしたアイドルユニット、つりビットへのロングインタビュー。後編では、彼女たちのもうひとつの活動“釣り”について話を聞いた。また、来年はデビュー5周年という節目の年になる。そこへのつりビットの目標も語ってもらった。

【写真を見る】「1010〜とと〜」のかわいい衣装でインタビューに答えてくれた5人。この衣装にはメンバーの好きな魚の絵が散りばめられている

【つりビット・釣り上げられたらもう夢中!“釣り×アイドル”ってどんな子たちなの? より続く】

■ 釣りと同じく、老若男女に愛されるアイドルに

――つりビットの“釣り”の活動ですが、4年前はビギナーから始まったじゃないですか。今、腕前はどうなりましたか?

長谷川:みんな上達しましたよ。竹内なんか船舶免許も取りましたから。

竹内:去年、二級小型船舶の免許を取りました。

聞間:どう、乗ってる?

竹内:今年の夏にプライベートで1回乗ったきりなんですけど、今後つりビットの活動に生かせたらいいなって思ってます。

――船舶の試験ってどんな事をするんですか?

竹内:筆記だと海のルールや天気の事、海図の見方とか。私はその辺りもともと興味があったので楽しく覚えられました。実技だと操船だけでなく、船ならではの紐の結び方とかも覚えますね。でも、勉強すればみんなでも取れるよ。

安藤:ううん、大丈夫。みんな得意分野があるから(笑)。

長谷川:あ! あとみんな、お魚を捌けるようになりました。3枚おろしとかもね。

聞間:成長だよね。最初はゴカイとかアオイソとか、エサにも触れなかったのに。

長谷川:今は平気で掴んで針に刺してるもんね。

――最初は正直、魚は苦手でしたか?

聞間:もう全然、ダメダメでした。

小西:魚って、思っていた以上に力が強くて。掴んでも暴れて逃げられちゃったりして。

安藤:普通に生活してると、生きている魚を触る機会なんてないからね。おっかなびっくりで全然触れなかった。

小西:ゼイゴ(アジの横腹にある棘のようなウロコ)なんて手に刺さっちゃいそうだから、釣れても針を外してあげられなくて。そう思うと成長したよね、ホント。

長谷川:ファンイベントでやったハゼ釣り、楽しかったよね。たくさん釣れて。

――釣り関係だと、築地で魚の流通を学んだり、魚食について学んだりというのも。

安藤:懐かしい! それも楽しかったです。初めはビクビクしてたんですけど、覚えていくうちに楽しくなってきて。やっぱりデビュー当時は「この子たちがホントに釣りするの?」っていうふうに見られてたと思うんですよ。でも今は築地の人たちとも知り合えて。

小西:認めてもらえたって気がするよね。釣りを通して色んな人たちと繋がれたなって思います。活動を始めてみて、釣り人口って老若男女すごく多いんだなって知って。それって他のアイドルの方より幅広い出会いがある事だと思うんです。そうやって知り合えた人たち、お世話になった人たちに失礼がないように頑張っていきたいと思うし、私たちを通して釣りにハマってくれる人がいれば嬉しいなって思います。

――そうやって学んできた中で、何か釣りの豆知識とかはありますか?

長谷川:ヒラメは早合わせ厳禁、みたいな。?

安藤:ヒラメ40、コチ20だよ。

長谷川:っていう言葉があります(笑)。アタリが来ても、ヒラメはちゃんと食いつくまで待たないといけないんです。

安藤:ヒラメは40秒。かかったら40数えてから上げる。コチは20数えてから上げるって教わりました。

聞間:ゴロが良くて覚えやすいよね。

――ヒラメは難しいですよね。なかなか深く食いつかないから。

聞間:みんなでヒラメ釣りに行ったことがあるんですけど、全然ダメでした。ホントに難しい。

■ アイドルと釣り、どっちも全力前進中!

――釣りたい魚の目標って、今どんな感じですか?

小西:私はもう2回くらい鮎を釣ってるんですけど、お仕事での事だったので、マイ竿で釣り上げるまでは鮎のままにしておこうと思ってます。この前は友釣りだったんですけど、釣れた時はもう感動でした。自然の中で釣るっていいですよね。今度はみんなと行きたいです。

聞間:行きたーい。鮎の香りを嗅ぎたい!

長谷川:でも、けっこう潜るんでしょ?

小西:浅いところでも出来るけど、釣れないとどんどん深いところまで行っちゃうかな。釣れるポイントまで入っていくから。

聞間:みずきちゃん(長谷川)、溺れちゃうね(笑)。

小西:でも、ホントに楽しいから今度行こうね!

――聞間さんがマグロ。釣れそうですか?

聞間:全然です。ほど遠いです…。

――ですよね(笑)。

聞間:マグロの前にイカ釣りに行きたいって言ってるんですけど、そのイカでさえもまだ届いてないので…。マグロは10年後、20年後くらいになりそうな雰囲気です。

長谷川:そんな先!?(笑)。

聞間:イカが好きなので、まずはアオリイカを釣りたいと思ってて。餌木(エギ)も色んな種類を集めてるんですよ。早く釣りに行きたいです。

――安藤さんはカジキマグロ。これ、トローリングですよ?

安藤:デビューした時に何も考えずにカジキマグロと言ってしまったんですよ。後には引けないので、ちゃんと釣り上げるまで頑張りますよ。そのためには筋トレから始めないとダメですね。大物だと7時間もファイトするって聞いたから。

小西:体力つけなきゃだよ。

安藤:ホントにそうだよね。でもその体力はアイドル活動で付けていきます。

――長谷川さんがマダイ。これはまだ釣れそうですね。

長谷川:マダイは海上釣堀では釣ったことがあるんですけど、やっぱり自然のが釣りたいです。それまではまだ目標達成じゃないという事で、マダイ継続中で頑張ってます。

――竹内さんがカツオ。

竹内:高知に行く機会があれば一本釣りにチャレンジしたいです。

長谷川:タケ、かっこいい!

竹内:一本釣りで釣ったのを、藁焼きしてタタキで食べたいんです。

安藤:ポン酢派?

竹内:ポン酢もいいけど、塩で食べるのが美味しいんだって。

――竹内さんのカラスの物真似という特技がすごく気になるんですけど。

竹内:そんな無茶振りあります?(笑)。じゃあ、行きますよ。

カァァア〜、カアァァ〜。

一同:似てる!(大拍手)。

――アニメ的なものかと思ったら、本当にリアルなカラスじゃないですか。ビブラートまで効かせて。

竹内:これで人生勝ち抜いてきたんで(笑)。外でやったら本当にカラスが来たことありますからね!

――ちょっとライブの演出で呼んでみてください。

長谷川:いやいや、止めてください(苦笑)。

■ 来年は野音で単独ライブをやりた〜〜い!!

――今年は赤坂BLITZ、全国ツアーの他に、大きなフェスにも出演しました。来年はどんな事を目標にして活動していきますか?

安藤:来年は5周年の年なので、もう一歩踏み出したいですね。 

小西:最近はセットリストも自分たちで決めるようになってきて、MCも言われた形でなく、自分たちで話し合って段取りしてるんです。

安藤:5周年だからね。演出も考えて、もっと自分たちでライブを作っていきたいです。

――曲数も増えているので、セットリストを作るのは楽しいんじゃないですか?

小西:楽しいです! つりビットには季節の曲もあるので、夏のセトリ、冬のセトリとかも出来ると思うんです。

長谷川:あとは野外で単独ライブしたい! 野外って楽しいですよね、開放感があって。

小西:どこでやる?

長谷川:野音(日比谷野音)でやりたいよう〜。

安藤:そしたら水鉄砲かけたいな。

長谷川:ライブやってるうちに、どんどん夕暮れになっていって。

小西:かっこいい!

長谷川:今ここで言っといたら、もしかしたら叶うかもしれないじゃん。やりたいです!!

竹内:大人を見るな、大人を(笑)。

長谷川:でも目標は大きくね。頑張りたいと思います!

――釣りのほうの目標だと?

竹内:釣り番組にもっと出たいです。釣りの情報番組ってたくさんあるので、そういうのに出演して、つりビットをもっと知ってもらいたいです。

小西:釣りイベントやフィッシングショーにも出たいです。日本全国、色々なところで釣り大会が開かれているので、どんどん出ていって、そういうところでもつりビットを知ってもらいたいです。そのためにはもっと釣りの知識をつけないとですけど。

――イベントでは、11月23日(木)に越谷レイクタウンで竹若すしとのイベントがありますね。前回、前々回と好評だったイベントです。

小西:いやー、楽しみです。自由観覧のミニライブがあって、竹若さんのお寿司を買っていただくと握手も出来ます!

長谷川:竹若さんのお寿司ってすっごく美味しいんですよ。

――本店は築地の老舗ですからね。今回のネタはもう決まっているんですか?

竹内:もしかしたら変わるかもですけど、オーロラサーモン(ノルウェー産のブランドサーモン)が2貫入るらしいです。竹若さんのオーロラサーモン、めちゃ美味しいんですから!

聞間:あれは美味しい! ホントに忘れられなくなる味。ぜひ食べに来てください!!

小西:そこは見に来てくださいでしょ(笑)。

竹内:以前、ちらしのネタをメンバーカラーに合わせてくれた時があって、今年はどんなのが出るのか私たちも楽しみにしてるんです。

長谷川:今、日本だとお魚を食べる子供が少なくなってきているみたいなんです。せっかく魚食文化が発達した日本なので、これから私たちが推奨していけたらいいなって思います。お魚の事が学べるトークショーもあるので、そちらも聞きにきてください!(ザテレビジョン)