8頭身美女ユン・チェヨン 来季はシード選手としてツアーを盛り上げる(撮影:佐々木啓)

写真拡大

<大王製紙エリエールレディスオープン 最終日◇19日◇エリエールゴルフクラブ松山(6,550ヤード・パー72)>
今季の優勝者や今週終了時の賞金ランク25位以内等、選ばれた者しか出場できない最終戦「LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ」を除けば、今シーズン最後の試合となる「大王製紙エリエールレディス」。4日間の戦いが幕を閉じ、来季のシード選手49人までが決定した。
【関連】申ジエは先にイチゴ派?特別ケーキ贈呈にニッコリ
初シードは現在のところ10人。賞金女王争いを繰り広げるイ・ミニョン(韓国)を始め、今季初優勝を挙げた川岸史果・永井花奈、今季プロとして初優勝、メジャー連覇を達成した畑岡奈紗、今季から日本ツアーに参戦した“8頭身美女”ユン・チェヨン(韓国)ら多士済々なメンバーが揃った。
一方でシード権を喪失したのは昨季初優勝の松森彩夏や原江里菜、佐伯三貴ら。ツアーフル参戦の2014年以来、3年連続でシード権を獲得してきた藤田光里も陥落となった。
また、現在シード獲得ラインの50位には大山志保(特別保証制度適用中)が立っているが、最終戦でキム・ヘリム(韓国)が単独2位以上ならば逆転するため、大山のみシード獲得が未確定の状態となっている。仮に50位から押し出された場合は、今季から新たに設立された前半戦出場権(リランキングまで)のみの獲得となる。
その他、前半戦出場権(リランキングまで)は賞金ランク51位から55位までの酒井美紀、濱田茉優、佐伯三貴、飯島茜、黄アルム(韓国)の5人に付与された。
【初シード獲得選手(賞金ランク順)】
イ・ミニョン
川岸史果
畑岡奈紗
永井花奈
武尾咲希
東浩子
ユン・チェヨン
新海美優
三ヶ島かな
大城さつき
【シード喪失者(賞金ランク順)】
酒井美紀
佐伯三貴
飯島茜
イ・ナリ
金田久美子
原江里菜
松森彩夏
藤田光里
福嶋浩子
ポラニ・チュティチャイ

<ゴルフ情報ALBA.Net>