PO進出チームが決定…7連勝の千葉が逆転で出場権獲得! 山口と熊本は残留が確定/J2最終節

写真拡大

 2017明治安田生命J2リーグ最終節が19日に各地で行われた。

 注目のJ1昇格プレーオフ出場争いでは、勝ち点67で並ぶ5位徳島ヴォルティスと6位東京ヴェルディが直接対決。試合は1−1で迎えた88分に東京Vが内田達也のゴールで勝ち越し、2−1で勝利を収めた。

 この2チームを追いかけるのは勝ち点66で7位の松本山雅FCと、同65で8位のジェフユナイテッド千葉。

 ホームに京都サンガF.C.を迎えた松本は、20分に先制点を奪われると、このまま0−1で敗れ、プレーオフ出場の可能性が潰えた。一方、ホームで横浜FCと対戦した千葉は、開始1分にオウンゴールで先制を許したが、前半のうちに追い付く。そして迎えた後半アディショナルタイム2分に近藤直也が劇的な逆転ゴールをマーク。このまま2−1で勝利を収め、怒涛の7連勝でフィニッシュした。

 この結果、勝ち点3を積み上げた東京Vと千葉がそれぞれ5位、6位に浮上し、プレーオフ出場権を獲得。プレーオフでは、今節の勝利で3位に浮上した名古屋グランパスが6位の千葉と、4位に後退したアビスパ福岡が5位の東京Vと対戦する。

 下位では、勝ち点37で20位のレノファ山口FCがホームで愛媛FCと対戦し1−1でドロー。同37で21位のロアッソ熊本はアウェイで大分トリニータに1−2で敗れた。この結果、山口は自力で残留を決めた。また、熊本は本来降格となる21位でシーズンを終えたが、今季のJ3リーグで2位以内に入る可能性のあるチームのうち、J2ライセンスを取得しているのが栃木SCのみとなったため、降格を免れることが決まった。

 今節の結果は以下の通り。

■J2第42節結果(11月19日)
▼19日
モンテディオ山形 4−1 FC岐阜
ザスパクサツ群馬 1−4 V・ファーレン長崎
ジェフユナイテッド千葉 2−1 横浜FC
東京ヴェルディ 2−1 徳島ヴォルティス
湘南ベルマーレ 1−1 FC町田ゼルビア
松本山雅FC 0−1 京都サンガF.C.
ツエーゲン金沢 2−1 水戸ホーリーホック
ファジアーノ岡山 1−1 アビスパ福岡
レノファ山口FC 1−1 愛媛FC
カマタマーレ讃岐 0−2 名古屋グランパス
大分トリニータ 2−1 ロアッソ熊本

■J2順位表
1位 湘南(勝ち点83/得失点差+22)
2位 長崎(勝ち点80/得失点差+15)
−−−−−−自動昇格−−−−−−
3位 名古屋(勝ち点75/得失点差+20)
4位 福岡(勝ち点74/得失点差+18)
5位 東京V(勝ち点70/得失点差+15)
6位 千葉(勝ち点68/得失点差+12)
−−−−−−昇格PO−−−−−−
7位 徳島(勝ち点67/得失点差+26)
8位 松本(勝ち点66/得失点差+16)
9位 大分(勝ち点64/得失点差+8)
10位 横浜FC(勝ち点63/得失点差+11)
11位 山形(勝ち点59/得失点差−2)
12位 京都(勝ち点57/得失点差+8)
13位 岡山(勝ち点55/得失点差−5)
14位 水戸(勝ち点54/得失点差−3)
15位 愛媛(勝ち点51/得失点差−14)
16位 町田(勝ち点50/得失点差0)
17位 金沢(勝ち点49/得失点差−18)
18位 岐阜(勝ち点46/得失点差−12)
19位 讃岐(勝ち点38/得失点差−20)
20位 山口(勝ち点38/得失点差−21)
21位 熊本(勝ち点37/得失点差−23)
22位 群馬(勝ち点20/得失点差−56)