ジェフユナイテッド千葉は怒涛の7連勝でPO出場権を獲得した

写真拡大

[11.19 J2第42節 千葉2-1横浜FC フクアリ]

 J2は19日に第42節を開催し、フクダ電子アリーナではプレーオフ進出の可能性を残す8位ジェフユナイテッド千葉と前節のドローでプレーオフ進出の可能性が絶たれた9位の横浜FCが対戦。前半1分にオウンゴールで横浜FCが先制するが、同30分にMF町田也真人のゴールで千葉が追い付くと、同アディショナルタイムにDF近藤直也が決勝ゴールを奪って2-1の勝利。勝ち点3を上積みした千葉は6位に浮上し、プレーオフ出場権を獲得した。

 ホームの千葉、アウェーの横浜FCともに前節から先発の入れ替えはなく、同じ11人がスターティングメンバーに名を連ねた。[スタメン&布陣はコチラ]。現在6連勝中と絶好調の千葉は、プレーオフ進出のためには勝利が絶対条件。その上で他会場の結果により、プレーオフ進出の可能性が残されている。

 試合いきなり試合を動かしたのはアウェーの横浜FCだった。MF石井圭太のロングボールは千葉DFキム・ボムヨンにカットされるが、キム・ボムヨンがコントロールミスをして転倒。こぼれ球を拾ったFWジョン・チュングンが送ったグラウンダーのクロスがDF溝渕雄志のオウンゴールを誘い、スコアを1-0とした。

 1点のビハインドを背負った千葉は前半14分、DF比嘉祐介のパスから左サイドを駆け上がったMF為田大貴の折り返しをFW船山貴之が合わせるがシュートは枠を捉え切れず。さらに同16分には船山のFKからDF近藤直也がヘディングで狙うも、ボールはGK高丘陽平の正面に飛んでしまった。

 しかし前半30分に千葉が同点に追い付く。FWラリベイが巧みなキープで味方の攻め上がりを促し、右サイドに展開。走り込んだMF町田也真人が意表を突いて放ったシュートがニアサイドを抜いてネットを揺らし、スコアを1-1とした。

 1-1のまま後半を迎えると、同10分に千葉ベンチが動き、佐藤勇に代えてMF矢田旭をピッチへと送り込み、システムを4-1-4-1に変更。同16分には高い位置でボールを奪った町田が左サイドから切れ込むが、シュートは体を投げ出した相手にブロックされてしまう。同17分には横浜FCベンチが動き、石井に代えてDF田所諒を投入。対する千葉も同18分、船山に代えてFW清武功暉をピッチへと送り込む。

 後半28分には千葉が比嘉に代えてFW指宿洋史、横浜FCが新井に代えてFW三浦知良を投入。その後は千葉が押し込む時間帯が続くが、同36分の清武の折り返しからゴール前でフリーになった町田のシュートが枠を外れるなど得点は動かなかったが、後半アディショナルタイムに清武のCKをDF近藤直也がヘディングで叩き込み、千葉が2-1の劇的な勝利を収めた。

 7連勝フィニッシュでプレーオフ進出を決めた千葉は、11月26日に行われるJ1昇格プレーオフ準決勝で3位の名古屋と対戦する。

(取材・文 折戸岳彦)
★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!

●2017シーズンJリーグ特集ページ

●2017J1昇格プレーオフ特集ページ

●[J2]第42節 スコア速報