今季限りで呂比須ワグナー監督が退任

写真拡大

 アルビレックス新潟は19日、契約満了に伴い、今季限りで呂比須ワグナー監督が退任することを発表した。後任については決定次第発表するとしている。

 新潟は18日に行われたJ1第32節・甲府戦で1-0と勝利したものの、他会場の結果から2004年のJ1昇格以降初となるJ2降格が決定。4戦負けなし(3勝1分)と粘りを見せたが、残留に届かなかった。

 5月11日に就任した呂比須監督はクラブを通じ、スタッフらに感謝の思いを述べ、「大変な時期をともに過ごしてきました。現在より良いものを出そう、向上させようと努力をしてきました。しかし、いい結果を残すことができなかったことは改めて残念であり、申し訳なく思います。この経験を自分の人生に活かしていきたいと思いますし、新潟の皆さんにはクラブの成長につなげてくださればと願ってやみません」と謝罪しつつ、今後の成長を願った。

 また、新潟は神田勝夫強化部長も今季限りで退任することを併せて発表している。


★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!

●2017シーズンJリーグ特集ページ