バイクでどこかに出かけた時に思い出を残す方法として、スマホで写真、動画を撮影するのはもはやメジャーだと思います。最近ではアクションカムも安くなってきたので色々組み合わせて動画にするブロガーもいますね。

さすがにそこまでは手が出ないけど、もっと動画のバリエーションを増やしたい、という方にオススメのサービスがあるんです!

それが、「Strava」と「Relive」というアプリケーションを組み合わせて作れる動画。元々自転車乗り達の間で流行ったアプリですが、そのままバイクにも使えてしまうんです!

海外ではバイクのラリーなどでも使われています。その日通ったルートを上空から撮影し、細かく情報を記録してくれ、使い方によってはドローン顔負けの動画を作成することもできます。

スマホに「Strava」を入れて、「Relive」と連結させれば走行後にメールで動画が送られてきます。「Relive」はアプリというよりはWebサービスなので、走り出す前と走り終わったあとに「Strava」の記録ボタンを押すだけなんです!

画像は都内でバイク移動した時に記録して書きだされた映像。自分じゃ何もしてないのにボタンを押せば勝手に動画が書き出されるって画期的過ぎませんか!?

このサービスはもちろん無料。有料なら考えどこですが、無料ならやっておいて損はありませんね。

英語の部分があるので多少わかりにくいところもありますが、一度登録してセッティングすればあとで難しいことはありません。

今回はiPhoneを使って解説していきますが、アプリはandroidにも対応しているので細かい部分は違ったとしても基本的な流れは一緒です。

1.Stravaをインストールする

まずはストアでStravaをインストール。

インストールできたらアカウント登録画面になります。メールアドレスで登録してもいいんですが、僕はFacebookの認証で進めました。

Facebookアプリが同じスマホに入っている、もしくはブラウザからログインすれば瞬時にアカウントが作れちゃいます。ひとまずStravaはこれでOK。

2.Reliveに登録する


次にwebアプリ、Reliveと先ほどのStravaをリンクさせます。

こちらはアカウント登録などはなく、「Connect with STRAVA」をクリックしてStravaにログインすれば完了。

これで2つのアプリの連携が取れました。

ただ、途中で何らかの問題が起こり、連携されたかわからない場合はStravaのサイトにwebブラウザからログインし、設定のMyアプリケーションからリンクされているか確認できます。Relive.ccがあったら連携されている、ということです。

3.走行を記録する


ツーリングに出かける前にスタート地点でStravaアプリ下中央の「記録」をタップ。

すると現在の場所が表示され、地図下中央のスニーカーマークをタップしてサイクリングに切り替えます。あとは記録ボタンを押すと録画が開始。

ただSNSなどにアップする場合は自宅を特定される恐れがあるのでちょっと移動してから記録を開始してください。

ツーリング休憩時には停止ボタンを押せば記録の一時停止ができます。

ツーリングが終了した時にゴールボタンを押すと記録終了。ツーリングの名前を入力して保存をタップすれば自分のフィード画面に今日走ったルートが保存されているはずです。

4.メールで動画URLが届く


保存してから小一時間すると登録しているメールアドレスにメールが届きます。先ほどつけた名前のメールが送られてくるので「Relive your run」をクリックすると今日走ったルートを動画で見ることができます!

思い出を記録する手段としてはかなり新しくないですか? 色んな所に行った記録をとって見返すのも楽しそうです。

他とは一風違った動画を簡単に作れちゃう便利なサービスなのでツーリングでぜひ使ってみてください!

(ライター:佐藤 快/Moto Be バイクの遊び方を提案するWEBマガジン)

【関連記事】


【ライダーの疑問】すり抜けってどうなの?警察官に聞いてみた


【夜ツーのススメ】夜の空港はブラッとツーリングに最適なスポットだった


【ROCK】音楽好きにはたまらない!ギターペイントのヘルメットがかっこ良すぎる!


ケツ痛解消できんの?ライダークッション「ワイルドアス」を500kmツーリングで使ってみた結果

機材必要なし!スマホだけで勝手にツーリング動画作ってくれる「Strava+Relive」の組み合わせが画期的(http://clicccar.com/2017/11/19/523831/)