残るは4人… 鈴木愛らの女王争いは最終戦へ(撮影:佐々木啓)

写真拡大

<大王製紙エリエールレディスオープン 最終日◇19日◇エリエールゴルフクラブ松山(6,550ヤード・パー72)>
国内女子ツアー「大王製紙エリエールレディス」が終了。賞金ランク1位の鈴木愛が2打差で優勝を逃した(単独2位)ことにより、賞金女王争いは最終戦「LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ」へともつれることになった。
【関連】女王を争う熱戦!最終日のスペシャルフォトギャラリー
ただし、鈴木は今大会での好成績により、賞金女王に向けて大きく前進。最終戦で単独6位以上に入れば、他選手の順位に関係なく女王戴冠が決まる。優勝すれば女王戴冠の可能性があった今大会でも「プレッシャーがもっとかかると思ったが、調子が良いからか落ち着いてできた。良いかたちで宮崎にいける」と状態は良好。勢いそのまま2013年の森田理香子以来となる日本勢賞金女王へと邁進する。
一方、賞金ランク2位のキム・ハヌル、同3位のイ・ミニョン(共に韓国)は優勝が最低条件(且つハヌルは鈴木愛が単独7位以下、ミニョンは単独15位以下が条件)と厳しい状況。「今は頑張るしかないと思っています」と話したハヌルに対し、ミニョンは今日順位を2位から12位に落としたこともあって、「もうチャンスないですね…今週で終わりですね…」と落胆した表情を浮かべた。
さらに厳しい状況下にいるのは今大会を制した申ジエ(韓国)。女王戴冠へは優勝が必須の上に、鈴木が最終戦を棄権・失格・欠場で賞金0円の場合のみ(最終戦は予選落ちがないため)その可能性が残される。賞金女王へ首の皮一枚でつながったかたちだが、「今週は女王を狙うには勝つしかないと思って頑張りました。1%のためでも来週の試合も頑張りたい。諦めたくない。1つでも賞金ランクを上にできるように、という思いもありますから」と最終戦への意気込みを見せた。
今大会で女王戴冠の可能性がついえたのはテレサ・ルー(台湾)と上田桃子。テレサは「元々ここに来るときは可能性が低かったですが。今年悪かったところを修正して来年頑張りたい。1試合1試合の積み重ねが女王(戴冠へつながる)と思うので、来年は安定感を持って毎試合上手くプレーしたい」と来季の巻き返しを誓った。
上田は「力が足りなかったということ。元々女王にそこまでの強いこだわりはなかったので落胆と言う意味ではそこまでありませんが。ただ、1年間戦ったうえで、1番上になれなかったのは力不足だと思います」と話した。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

松山英樹、ホールインワン達成!ダンロップフェニックス特選フォト
賞金ランク1位の鈴木愛は足踏みにため息「何も上手くいかん」
よく分かる日本女子ツアー賞金ランキング【主に崖っぷち編】
鈴木愛のすべてがわかる!注目プロ名鑑〜選手ぺディア〜
女子プロが華麗にドレスアップ!特選オフショットも