アルコール除菌は万全ではない


当記事はマイカジスタイル(運営:花王)の提供記事です

ノロウイルス対策はアルコール除菌で万全だと思っていませんか? ウイルスの構造上、次亜塩素酸ナトリウムが有効です。




ウイルスへの対策というと、アルコール除菌を連想することが多いもの。しかし、実はアルコールでは、ノロウイルスは予防できない可能性が…!その理由となるウイルスの構造の違いなどについて、国立国際医療研究センター病院国際感染症センターの片浪雄一先生にうかがいました。

ノロウイルスと他のウイルスって何が違うの?

冬に流行しやすいインフルエンザウイルスとノロウイルスですが、片浪先生によれば、そのウイルスの作りがまったく違うそう。作りが違うということは、するべき対策も違うはず。具体的にどんな違いがあるのでしょうか。

インフルエンザなどの場合

インフルエンザウイルスなどは、菌の表面が脂質の膜(エンベロープ)で覆われていて、この膜を身にまとっていないと生きていけないウイルスです。この膜はアルコールに触れることにより溶けて、ウイルスがダメージを受けます。そのため、インフルエンザウイルスなどにはアルコール除菌が有効だとされています。

ノロウイルスの場合

ノロウイルスは表面に膜がなくても生きていけるたくましいウイルスで、「ノンエンベロープウイルス」と言われています。そのためアルコールに対する抵抗力が高く、アルコールを吹きかけただけではダメージを受けません。


では、ノロウイルスには何が効くのでしょうか…?

ノロウイルスにはどんな対策が効果的?

ノロウイルスの感染対策には「次亜塩素酸ナトリウム」が効果的です!

ノロウイルスの付着が気になる調理器具などは、洗剤で十分に洗浄したあと、次亜塩素酸ナトリウムで浸すように拭くと、より効果アップ!


ただし、次亜塩素酸ナトリウムは高温で分解してしまうので、60℃以上のお湯は使わないように注意してください。

※次亜塩素酸ナトリウムは薬局で購入できます。また、次亜塩素酸ナトリウムを含む、家庭用の塩素系漂白剤でも代用できます。使用に当たっては「使用上の注意」を確認しましょう。

ノロウイルス予防に効果的な除菌方法で、しっかり予防しましょう。

(監修:国立国際医療研究センター病院国際感染症センター 片浪雄一先生/イラスト:かわぐちまさみ/文:矢郷真裕子)

マイカジスタイルの関連記事
冬に大発生!結露によるカーテンのカビを防ぐ方法【イラスト解説】
ノロウイルス対策には「次亜塩素酸ナトリウム」が効果的!
【大沢早苗さん】私の「ゆる家事」が生まれるまで

※この記事の内容について、花王株式会社は監修を行っておりません。
※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。詳しくは、花王株式会社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジ』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。