商談会の様子(KOTRA提供)=(聯合ニュース)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】大韓貿易投資振興公社(KOTRA)は19日、米シリコンバレーで開催した輸出・投資商談会「Kグローバルシリコンバレー」で、韓国企業の商談件数が340件、商談額が7900万ドル(約88億円)を記録したと発表した。

 商談会は科学技術情報通信部との共催。15日(現地時間)から2日間開かれ、韓米の企業関係者ら1300人余りが訪れた。

 韓国からは中核技術を保有する中小・中堅企業38社が参加した。特に、自動運転分野の商談額が3200万ドルと全体の41%を占めた。