練習グリーンでボウリング!

写真拡大 (全2枚)

 雑誌やテレビ番組などで活躍する元グラビアアイドルの森下千里は、今年3月にUSGTFゴルフティーチングプロの資格を取得した。今回はゴルフを愛する読者の悩みに、ティーチングプロの目線からアドバイスする。

【パター】

Q:パットが上手くなる秘訣はありますか?(66歳男性)

A:グリーンの速さを掴むため、私はボウリングのように手で球を転がして速さと自分の感覚を一致させます。2〜3球でわかるので、この感覚でパット。スコアは練習グリーンで確実に上がると信じています。

Q:ラインが全然読めません(71歳男性)

A:まずグリーン全体を見て一番低い所を探す。スライス・フック、上り・下りが大体わかるから、次はボール後方とカップ反対側からアンジュレーション(起伏)を確認。経験上、ラインより上りか下りかの距離感のミスが多いと思います。

Q:ロングパットの距離感はどう掴めばいい?(53歳男性)

A:私は2パットで収める作戦を立てます。OKに寄せるのが理想ですが、カップを中心に1mの円を描き、その内側に残すようにする。これだけでかなり気が楽になって、3パットは大幅に減ると思いますよ。

●もりした・ちさと/1981年9月1日、愛知県生まれ。身長166cm。グラビアアイドルとして人気を博し、雑誌・テレビ番組などでも活躍。USGTF(United States Golf Teachers Federation)ゴルフティーチングプロ資格所有。趣味・特技は、カレー、田舎料理。

※週刊ポスト2017年11月24日号