ユース日本一は京都! U17日本代表MF上月のゴールなどでG大阪に競り勝つ

写真拡大

 2017 Jユースカップ 第25回Jリーグユース選手権大会の決勝が19日に行なわれ、京都サンガF.C. U−18とガンバ大阪ユースが対戦した。

 試合はハイプレスと細かいパス回しがうまくはまったG大阪がやや優勢に試合を進める。京都はなかなかゴール前に入り込めない時間帯が続くが、ワンチャンスをものにして先制に成功する。前半アディショナルタイム、GKからのロングパスを収めると、そのまま素早い攻撃に移る。細かいパス交換から中央やや左まで持ち込み、橋本尽がエリア内へ鋭いスルーパス。裏をとった上月壮一郎が落ち着いてGKの逆を突き、ニアサイドにボールを流し込んだ。

 後半に入り53分、再び京都にゴールが生まれる。自陣高い位置でボールを奪うと、カウンターを開始。数的優位の状態でエリア右に開いた津野絢世がゴール前に折り返すと、臼井貫太のクリアがゴールに吸い込まれてしまった。G大阪は直後、FKのこぼれ球を中島大雅が押し込んで1点を返した。

 G大阪は最後までゴールを目指したが、決定機を活かしきれずこのまま終了の笛。90分を通したハードワークが際立った京都がG大阪を下してJユースの頂点に輝いた。

【スコア】
京都サンガF.C. U−18 2−1 ガンバ大阪ユース

【得点者】
1−0 45+1分 上月壮一郎(京都サンガF.C. U−18)
2−0 53分 臼井貫太(オウンゴール、ガンバ大阪ユース)
2−1 56分 中島大雅(ガンバ大阪ユース)