J1昇格プレーオフ進出を目指し徳島、東京V、松本、千葉の4チームが残り2枠を争う【写真:Getty Images for DAZN】

写真拡大

 明治安田生命J2リーグは19日、2017シーズンの最終節を迎える。

 すでにJ1への自動昇格権は湘南ベルマーレ(1位)とV・ファーレン長崎(2位)が勝ち取り、名古屋グランパスとアビスパ福岡のJ1昇格プレーオフ進出が決まっている。

 来季のJ1昇格を争う権利を得るのはあと2チーム。その枠を争うのは、J2第41節終了時点で5位の徳島ヴォルティス以下、東京ヴェルディ、松本山雅FC、ジェフユナイテッド市原・千葉の4チームだ。

 19日にレギュラーシーズン最後の試合に挑む4チームの、J1昇格プレーオフ進出条件を確認しておきたい。

徳島ヴォルティス(5位、勝ち点67、得失点差+27)
勝利:プレーオフ進出
引き分け:千葉(8位)が引き分けor15点差以下での勝利
敗戦:松本(7位)と千葉(8位)が引き分け以下

東京ヴェルディ(6位、勝ち点67、得失点差+14)
勝利:プレーオフ進出
引き分け:松本(7位)が引き分け以下、かつ千葉(8位)が引き分け以下or2点差以下での勝利
敗戦:松本(7位)が敗戦、かつ千葉(8位)が引き分け以下

松本山雅FC(7位、勝ち点66、得失点差+17)
勝利:プレーオフ進出
引き分け:東京V(6位)が引き分け、かつ千葉(8位)が引き分け以下
敗戦:プレーオフ出場権は獲得できない

ジェフユナイテッド市原・千葉(8位、勝ち点66、得失点差+11)
勝利:徳島(5位)vs東京V(6位)で勝敗がついた場合は松本が引き分け以下。徳島と東京Vが引き分けた場合は、松本が引き分け以下かつ3点差以上での勝利or松本が勝利かつ16点差以上での勝利
引き分け:プレーオフ出場権は獲得できない
敗戦:プレーオフ出場権は獲得できない

 以上4チームのJ2最終節の対戦カードは以下のとおり(左側がホームチーム)。

東京V(6位)vs徳島(5位)
松本(7位)vs京都(12位)
千葉(8位)vs横浜FC(8位)

 J1昇格プレーオフを争うチームの中で、徳島と東京Vは直接対決が組まれている。この試合の結果が、他会場で最後の希望にかける松本や千葉の運命を大きく左右する。J2最終節は19日の16時に全11試合が一斉キックオフ予定となっている。

text by 編集部