アリーナ・ザギトワ【写真:Getty Images】

写真拡大

フランス杯V…海外解説者も絶賛した15歳の才能「信じられない滑り」

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第5戦・フランス杯は18日(日本時間19日)、女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)5位の15歳、アリーナ・ザギトワ(ロシア)が世界歴代2位の自己ベスト151.34点をマークし、合計213.80点で逆転優勝。中国杯のシニアGPデビューから2連勝でGPファイナル進出を決めた。驚異の天才少女に対し、海外解説者も「センセーーーショナル!」「完璧で信じられない滑り」と異次元の才能に感嘆している。

 SP5位で挑んだフリー。ザギトワは後半に固めたすべてのジャンプを着氷させ、完璧な演技を披露した。マークした151.34点は女王エフゲニア・メドベージェワ(ロシア)に次ぐ自己ベスト世界歴代2位の高得点。天才少女が早くも女子フィギュア界の歴史に、その名を刻んでみせた。

 大会を中継した「オリンピックチャンネル」では、最後の決めポーズを取った瞬間、解説者は「センセーーーショナル!」と絶叫し、こうまくしたてた。

「ザギトワ! SPのタフな躓きから起死回生の演技です! まさにビューティフリー。ジャンプがとにかく高いものでした。完璧で信じられない滑りとなりました」

評価高まる美しき新星…海外メディアも絶賛の嵐「五輪メダルにふさわしい」

 興奮さめやらぬ様子で称賛し、実況は「彼女はまだもちろん成長段階にあるため、成熟という意味ではやや欠けているところがあるかもしれません。それでも、昨日のSPは五輪に向けて良い教訓となったことでしょう」と話していた。

 そして、得点は150点超えを叩き出した。すると、解説者は「自己ベスト更新! そして、エフゲニア・メドベージェワに次ぐハイスコアラーの誕生です!」と感激の様子だった。

 圧巻の逆転Vに対し、米メディアも「完璧でこれ以上はありえない」「五輪メダルにふさわしい」と絶賛の嵐となっていた。今年シニアデビューばかりの2002年生まれ。GP初戦も中国杯でSP4位から逆転劇を演じ、デビューVを果たしていた。出場を決めたGPファイナルでは母国の女王、メドベージェワと激突する。

 果たして、ここからどんな演技でどんな結果を残すのか。今季最大の美しき新星は、日増しに評価が高まっている。