井上咲楽、蛭子能収が恋愛対象「結婚したい」と猛アピール

写真拡大

タレントの井上咲楽が、11月18日放送の『有吉反省会』(日本テレビ系、毎週土曜23:30〜)に出演。「蛭子能収が好きすぎること」を反省した。

有吉弘行が司会を務める同番組では、ゲストの「反省人」たちが過ちを告白&懺悔。毒舌タレントが「反省見届け人」として参加し、最後に反省人が行う「禊」を見届ける。今回の反省見届け人は、バカリズム、友近、博多大吉。

2015年にホリプロのタレントスカウトキャラバンで特別賞を受賞し、芸能界入りした井上。そんな井上が愛してやまないのが、マンガ家でありタレントの蛭子能収だ。井上のSNSは“蛭子愛”にあふれた内容で、蛭子の本の読書感想文を書いたり、携帯の待受を蛭子の写真にしたりといった、蛭子関連の記事ばかり。さらに蛭子と同じものを食べたり、蛭子の行きつけの店へ行ったりと、ストーカーまがいの行動も。井上は、「中学校のときに好きになりました。なんか自由な感じがとっても好きで」と、その理由を明かし、「デートしたいですね」とアピールした。

スタジオでも興奮しっぱなしの井上。有吉から「会ったことないの?」と聞かれると、「会ったことないです! でもTwitterを見ると、目撃情報がすごいたくさんあったので探しに行ったけど、結局会えなくて」と、口だけではなく、実際に行動していることを明かした。

井上は、「自由な人がいっぱいいるじゃないですか。でも本当に心のゆくままに生きているのは、蛭子さんと具志堅用高さんだけだと思う」と持論を展開。また、好きになったのは、テレビ東京の人気番組『ローカル路線バスの旅』を見たのがきっかけだったと告白。井上は、「太川(陽介)さんはその土地の名産とかを食べるけど、蛭子さんは関係なくカレーとか食べちゃう」と、番組での蛭子の自由奔放さを説明した。

有吉から、麻雀賭博など蛭子のダークな一面を聞かされても、全て知った上で好きだという井上。さらに、ただのファンではなく、恋愛対象として好きだそうで、「ああいう人と結婚したいですね」と打ち明けた。現在、18歳の井上に対し、蛭子は70歳。これには友近も、「最初はおじさん好き商法かと思ったんですけど、本当かもしれないという気持ちに変わってきた」と、井上の蛭子愛を認めつつあった。

そんな井上への禊は、「蛭子さんの1日付き人」に決定。「やったー!」と大喜びする井上に対し、有吉は「僕らは何回も(蛭子と)お仕事したことあるけど、本当にクズよ、あの人」と水を差すのだった。

この他には、タレントの武内由紀子が登場。「日テレの水卜麻美アナに似ていると言われるようになってから、それっぽい写真をブログにアップしてこっそり味をしめていること」を反省した。