立川志らくが紅白歌合戦について持論を展開した

写真拡大

11月19日に放送されたバラエティー「ワイドナショー」(フジ系)に、コメンテーターとして立川志らく、いとうあさこ、土屋礼央(RAG FAIR)が出演。年末の「第68回紅白歌合戦」(NHK総合)出場歌手決定についてコメントした。

【写真を見る】初出場アーティストの中でも異彩を放つ個性派・竹原ピストル

先日、第68回紅白歌合戦の出場歌手46組が発表、初出場として、三浦大知、WANIMA、竹原ピストル、エレファントカシマシ、Hey! Say! JUMP、TWICEら10組、紅組司会に有村架純、白組司会に二宮和也、総合司会に内村光良(ウッチャンナンチャン)が決定した。

いとうは「去年から若者向けのメンツが多くなってきたのが、ちょっとそこの寂しさはあるんですけど、三浦大知さんのダンスはワクワクする」と期待すると、土屋は「僕、ボイストレーニングの時期一緒だったんで、(声変わりの時期に)苦しんでるのを知っている。歌うまいのは知っているんですけど、なかなか売れなくてようやく来た」と喜んだ。

松本人志が志らくに「師匠はあんまり興味ないんじゃないですか?」と振ると、「知らない人ばっかりだな。椎名林檎は好きですよ」とあまり興味なさげだが、松本が「師匠なんかは審査員に選ばれる可能性がないですか?」と尋ねると「お飾りの審査員とかね、紅白は好きじゃないですよ。ほんとの合戦にすれば、戦えばいいんですよ」と持論を展開した。

芸能コメンテーターの駒井千佳子は「NHKとしては、安室奈美恵さんと桑田佳祐さんには継続して交渉を続けていきたいと言っている」という情報を明かした。(ザテレビジョン)