鈴木愛、2打差逆転はなるか(撮影:佐々木啓)

写真拡大

<大王製紙エリエールレディスオープン 最終日◇19日◇エリエールゴルフクラブ松山(6,550ヤード・パー72)>
賞金女王争いが佳境を迎えている国内女子ツアー「大王製紙エリエールレディスオープン」の最終ラウンド。今大会で優勝を果たせば賞金女王戴冠が決まる鈴木愛は、13ホールを消化時点でトータル15アンダー単独2位。最終組で首位を快走する申ジエ(韓国)との2打差逆転をかけ、残り5ホールをラウンドする。
【関連】鈴木愛、賞金女王戴冠なるか!?最終日のLIVEフォト
首位と4打差の3位タイに上田桃子、森田遥、東浩子、全美貞(韓国)が続いている。
賞金ランク2位のキム・ハヌル(韓国)はこの日“75”とスコアを崩し、トータルイーブンパー41位タイでフィニッシュしている。
なお、鈴木が賞金女王戴冠となれば、2013年の森田理香子以来4年ぶりの日本勢女王となる。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

松山英樹、なるか“50台” ダンロップフェニックスのリアルタイム速報
鈴木愛は優勝なら最終戦待たずも 賞金女王争いの条件おさらい
シード争い最終章 逆転の可能性を残している選手は?
鈴木愛のすべてがわかる!注目プロ名鑑〜選手ぺディア〜
女子プロが華麗にドレスアップ!特選オフショットも