「称賛に価する成果を勝ち取った」 FIFA公式サイトが守護神・西川の好セーブに賛辞

写真拡大

西川を中心にアル・ヒラルの猛攻に耐え、浦和がアウェーゴールを持ち帰る

 浦和レッズは、現地時間18日に行われた敵地でのAFCチャンピオンズリーグ(ACL)決勝第1戦、アル・ヒラル戦を1-1の引き分けで終えた。

 相手に支配率67.7%とボールを握られ、シュート20本の猛攻を凌いだ浦和において、FIFA公式サイトは日本代表GK西川周作の活躍を高く評価している。

 6万人の大観衆で揺れたキング・ファハドスタジアム。中東独特のチャントがスタンドを包み込む完全なアウェーの状況下で、浦和は前半7分にFWラファエル・シルバのゴールで先制した。同37分に同点に追いつかれてしまったが、浦和が粘りとしぶとさにFIFA公式サイトもスポットライトを当てている。

「ウラワが価値あるアウェーでのドローを勝ち取った」

 そう見出しを打った記事では、今大会無敗を維持するアル・ヒラルの地の利を生かした総攻撃に立ち向かった守護神を称えている。

「何本も重要なセーブを披露した」

「サウジのクラブはハーフタイム後に、支配力を維持した。だが、極東からの訪問者はもう一度崩壊させることが困難だということを証明した。ニシカワが何本も重要なセーブを披露し、ウラワにとって称賛に価する敵地での成果を勝ち取った」

 浦和は、この日DF宇賀神友弥が入った左サイドを狙われた。前半23分、宇賀神の背後に出たボールを中央に折り返されると、FWオマル・フリービーンにシュートを放たれるも西川が果敢にブロック。同33分にもフリービーンとの1対1を止め、チームのピンチを救う働きを見せた。11月に行われた日本代表の欧州遠征で代表復帰した守護神の活躍はFIFAにも強烈なインパクトを残したようだ。

 記事では最後に、「レッドダイヤモンズがアウェーゴールのアドバンテージを手にした」と触れ、25日に埼玉スタジアム2002で行われる第2戦に向けて、浦和が優位性を手にしたと分析している。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images