いつまでたってもなんだか子どもっぽい。大人の色気にあこがれるのに色気がないと言われる。もっと自立した女性になりたい。そんな悩みがある人も多いのではないでしょうか。大人の女性ってカッコいいですよね。でもなかなか近づけないもの。
今回は大人の女になるための女磨きについてご紹介します。

1. 大人の女性は知性が大事

大人の女性だと感じる人は大抵、しっかりと自分の頭で考え、自分で答えが出せる人です。いろんな知識と経験に裏付けされた思考力をもっている人、カッコいいですよね。でもそんなにすぐにたくさんの知識を得ることはできませんし、急に経験豊かになることはありません。
知性を磨くのはとても大切なことですが、いわゆる「教養」と呼ばれるようなものは一度勉強しなおしてみる価値はあります。歴史の話は知っておくと商談やお客さんとの何気ない会話でも役に立ちますし、政治の話や経済の話ができる人は目上の人にも一目置かれる存在になります。細かい話はひとまず置いておいて、大筋をつかむことが大事です。
たとえば各国の選挙制度の細かい部分までは知らなくても、大統領や有名な政治家の名前は知っておく、歴史の細かい時代背景は知らなくてもいいけれど各時代に活躍した人の名前は憶えておく。これだけでも「わかるやつだ」と思ってもらえるようになりますよ。

2. 大人女性のカラダづくりは筋トレから

大人になると筋力は落ちていく一方です。しかし、体がたるんでいると大人女性としての魅力が半減してしまいます。引き締まった体を目指すために、適度な筋肉をつけましょう。激しい運動や筋トレをしなくてもいいのでインナーマッスルを心地よく鍛えることができて、自分が続けられそうなものを選んでください。
友達とヨガに行ったり、ジムへ通ったり、なんでもいいので続けられることが大事です。

3. メイクの勉強をし直すのも有効

最近メイクの仕方を変えていないな、と思ったら一度見直してみてください。年齢にあったメイクの仕方があるはずです。メイクを始めた頃とそんなに変えていないなんてもってのほか。若さを活かすメイクと大人女性の色気を際立たせるメイクはまた一味ちがうものなのです。
メイク本やファッション雑誌を見て勉強したり、自分のあこがれのモデルさんや女優さんがいたらその人のメイクをマネしてみたりするのもアリ。いままでの自分とはちょっと違うメイクを心がけて。

4. 大人のネットワークを作ること

大人になると、ある程度友達や身の回りの環境を自分で選ぶことができます。決まったクラスや学校でしか生きていけない子どもとは違うので、自分で選んだ環境があなたの身の回りにはあるはずです。友達はしっかり選ぶこと、必要と思われる環境は自分で用意すること、これが非常に重要です。
我慢して付き合う必要がある人もいれば、我慢する必要がない人もいると思います。周りにいる人を見極めて、自分に必要な環境を自分で作り上げるようにしましょう。

まとめ

自分で選べること、自分だけでいろんなことができること。これが大人と子どもの大きな差です。お金もあって、選ぶ権利もある。それをうまく使って、自分なりに女磨きをしていきましょう。小さい頃の自分がイメージしていた大人と今の自分にギャップがある、という人はぜひ理想の自分をかなえましょう。