ミルクでこね上げた「牛乳パン」(200円)は、コロンとしたキノコ形。上下で異なるパン生地を使い、一つで2つのおいしさを楽しめる/TOLO PAN TOKYO

写真拡大

世田谷公園周辺は、人気店がひしめき合うパン激戦区。オシャレなブーランジェリーから街のパン屋さんまで、さまざまなスタイルの店がそろう。今回はそれらの中から、特に一押しの3軒をピックアップ。個性あふれるパンを買い集めてみんなでシェアしよう!

【写真を見る】想像力をくすぐるパンとの出合いが待ち受ける/TOLO PAN TOKYO

■ TOLO PAN TOKYO(トロ パン トウキョウ)

“おいしいにしかこだわらない”をモットーに、独創的なパンを発案する。豆腐を練り込んだシフォン形の食パンは、その代表格。見て、食べて驚ける要素が満載だ。

■ Signifiant Signifie(シニフィアン シニフィエ) 世田谷本店

医食同源を意識し、厳選した素材で作るパンが自慢。ライ麦や雑穀なども積極的に取り入れ、低温長時間発酵で旨味を凝縮している。加水の多いパンは表皮はパリッ、中はもちもち。本店限定のクロワッサンなど、注目商品多数!

■ BOULANGERIE LA TERRE(ブーランジェリー ラ テール)

素材にこだわったハード&ソフト系から菓子パン、しょっぱい総菜パンまで、ラインアップはなんと100種類以上!約30種類の小麦粉を巧みに使い分けている。季節の食材を使用した期間限定のパンフェアも開催。【東京ウォーカー】(東京ウォーカー・編集部)