大分、DF常田克人と契約満了を発表「貴重な経験を積むことができました」

写真拡大

 大分トリニータは19日、常田克人の契約満了を発表した。

 常田は1997年生まれの19歳。青森山田高校出身で、2016年にベガルタ仙台へ加入した。2017年夏には、大分トリニータに期限付き移籍をすると、今季明治安田生命J2リーグでは出場機会を得られていないものの、ルヴァンカップでは1試合に出場している。

 契約満了にあたり、常田は以下のようにコメントしている。

「約4カ月間ありがとうございました。なかなかチームの力になることはできませんでしたが、違うチームでプレーしたことで選手として貴重な経験を積むことができました。この貴重な経験ができたのもスタッフの方、選手の皆さん、そしてファン・サポーターの温かいサポートがあったからだと思っています。短い間でしたが、本当にありがとうございました!」

 J2昇格初年度の今季、大分は16勝13分け12敗の勝ち点61の10位。19日に行われる明治安田生命J2リーグ第42節はホームでロアッソ熊本と対戦する。