加藤拓己がゴールを狙えば、相手が当たり前のように2、3人付いてくる。写真:川端暁彦

写真拡大 (全2枚)

  立ち上がりから猛プレス。序盤はほぼ山梨学院のワンサイドだった。インターハイ山梨県予選決勝では帝京三に軍配が上がっているカードだが、とてもそうは思えない流れである。日本高校サッカー選抜の候補だった2年生FWの宮崎純真が立ち上がり早々に先制点を奪うと、10分に追加点を奪ってライバル校を突き放した。結局、序盤の猛ラッシュで生み出した差が最後まで効いて、4-1。山梨学院が2年連続6度目の選手権出場を決めた。
 
 そのサッカーは徹底したストロングスタイル。暴れん坊ストライカー、U-18日本代表FW加藤拓己(3年)を最前線に配して、彼に放り込むロングボール勝負がベースだ。「ほぼ競り勝ってくれるので、目が合ったら動き出すイメージを持てる」(宮崎)という絶対的な信頼からランニングプレーヤーの宮崎がスペースに飛び出して、その落としを受けるのが基本形。近いサイドのサイドハーフとボランチもこぼれ球を拾える位置にいるため、「ロングボール=ボールを失う」という一般的なイメージが当てはまらないチームである。
 
「ゴールキックでもチャンスになる」
 
 先輩への信頼に満ちた宮崎の言葉は、チームの絶対的な強みをよく表わしたものであり、対戦相手にとっては、なんとも厄介なものだ。
 
 ただ、その分かりやすさはチームとしての弱点でもある。誤解を恐れずに言ってしまえば、「加藤さえ潰せばいい」という見え方もするチームだからだ。実際、加藤が負傷明けで万全でなかったインターハイ予選、チームはエースの消耗と共に攻め手を失った。

「(負傷明けで)キツいと思ってしまった自分の責任」と、加藤は主将である自分を責めたが、その穴をカバーするチーム力を欠いたのも事実。セットプレーとなれば相手から“ダブルマーク”が付くのも当たり前というエースが思うようにプレーできないことがあるのは全国舞台を見据えても予想できること。周りの選手がどこまでやれるかがキーポイントだった。

【PHOTO】2018Jクラブ・新卒入団&昇格内定〜高校・ユース編
 周りの選手がどこまでやれるか――。その意味でも、帝京三とのリターンマッチになった県予選決勝の内容はポジティブだった。加藤はゴールに対して誰よりもどん欲なストライカーだが、あえてシンプルなプレーに徹して周りを使い、時にはオトリになる動きを意識。シンプルにはたいて隙ができるようならドリブルをチョイスするなど、プレーの幅が明らかに広がっていた。

「去年までの加藤はひとりで全部やろうとしていたけれど、今年は変わってくれた」と安部一雄監督がその成長に目を細めたように、キャプテンマークを巻いてプレーする中で周りとの調和を意識するようになった成果が、この決勝でも出ていたと言える。負傷から戻って来たもうひとりの好FW宮崎の存在も効いて、“加藤以外”から生まれた4得点は全国に向けた好材料だ。
 
「ずっとうまくうまくいって選手権に来たチームより、挫折を知っている俺たちのほうが絶対に強い。いまは全員がまとまっている」(加藤)
 
 力強く語る言葉に込められたニュアンスは、単なる一ストライカーだった去年までとは明らかに違う。チームを背負って戦うキャプテンのそれだ。全国最強クラスの2トップを最前線に配してのストロングスタイルは、冬が迫るこの季節に至って完成を迎えつつある。選手権のダークホースとしてこのチームが上がってきても、まるで違和感はあるまい。
 
取材・文 川端暁彦(フリーライター)