E-1選手権のGK候補となる(左から)東口順昭、西川周作、中村航輔

写真拡大

 今大会より「東アジア杯」から名称を変更した「EAFF E-1サッカー選手権」が12月に日本で開催される。開催時期が国際Aマッチウィークではないため、男子の日本代表は国内組で臨むことになるが、同大会をきっかけにA代表に定着し、W杯行きのチケットを手に入れた選手は多数いる。ロシアW杯本大会が半年後に迫る中、アピールに成功するのは誰なのか――。今回はGKにスポットライトを当てて、国内組サバイバルレースの現況を探る。

 ハリルジャパン発足以降、コンスタントに招集されているGK東口順昭(G大阪)がファーストチョイスになる可能性は高い。しかし、約2年半の間、メンバーにほぼ名を連ねている一方で、出場はわずかに3試合のみ。約1年半ぶりにピッチに立った10月10日のキリンチャレンジ杯・ハイチ戦では3失点を喫し、「際どいコースのシュートを取れないとW杯では厳しい。そこは痛感した」と厳しい表情を見せたように、指揮官から信頼を勝ち取る結果を残せなかった。国内組の中で最上位に序列されるだろうが、正GKの川島永嗣(メス)を脅かすには、E-1選手権での好パフォーマンス披露が必要不可欠だろう。

 一時はレギュラーに定着しながらも、約7か月間、代表から遠ざかったGK西川周作(浦和)は11月の欧州遠征で復帰。J1リーグではミスから失点が続く時期もあったが、終盤戦に向かってパフォーマンスも安定し、AFCチャンピオンズリーグでは10年ぶりの決勝進出に貢献した。「現在のパフォーマンスには満足していない」(ハリルホジッチ監督・6月シリーズ会見時)と一度は失った信頼を取り戻すためにも、そしてロシアへのチケットを手に入れるためにも、E-1選手権で自身の存在価値を改めて証明したいところだ。

 6月シリーズでA代表初選出を果たしたGK中村航輔(柏)は続く8、9月シリーズも継続して招集されたが、出場機会はつかめず、11月の欧州遠征では選外となった。しかし、J1リーグでは抜群の反応を見せてのビッグセーブで危機を救うなど、守護神としての存在感を十分に示しているだけに、「少しずつ前に進めている」という代表でもピッチに立つチャンスをつかみ、一気に歩を進めたい。

 E-1選手権に臨むGKは東口、西川、中村の3人が濃厚だが、浦和がAFCチャンピオンズリーグで優勝し、12月のクラブW杯出場を決めれば、開催時期の重なる西川に代わって別選手が招集されることになる。これまでにハリルジャパンで招集歴があるのはGK林彰洋(FC東京)、GK権田修一(鳥栖)、GK六反勇治(清水)。代表候補合宿にはGKシュミット・ダニエル(仙台)、GK櫛引政敏(岡山)も招集されたことがある。彼らにもう一度、チャンスが与えられるか。それとも、まったくの新顔が“初招集”されるか。ハリルホジッチ監督の決断も注目される。

★EAFF E-1サッカー選手権チケット購入はこちらから


●EAFF E-1選手権2017特集ページ