年収300万円でも有効なおカネの増やし方

写真拡大

リッチな気分になれる満足度の高いサービスは、必ずしも金額に比例しない。つまり、サービスを吟味すれば、たとえ年収300万円の人でも、実質的には年収600万円の生活をすることができる。短期連載「『金持ち生活』超入門」。第4回はお金の増やし方について――。(全4回)。

----------

金持ち生活超入門

▼お金

やらなきゃ損! 宝くじ付き定期、純金積み立て、貸株
 

----------

年収が少ないと悲観してはいけない。効率的にお金を増やす方法を学んでおこう。教えてくれるのはファイナンシャルプランナーの黒田尚子氏だ。

「最初にすべきは家計の見直し。1カ月でも2カ月でもいいから家計簿をつけて、何にいくら使っているのか家計を『見える化』してください。『意外とコンビニで使っている』など、自分の支出の弱点が見えれば、多い人で月3万円程度のコストダウンが可能です」

「若い人は収入の低さを言い訳にせず、お給料の中から最初に貯蓄分をとる『先取り貯蓄』で1万円でも毎月貯金する習慣をつけること。そして、貯金がある程度の額になったら、『宝くじ付き定期預金』の検討を。銀行によって変わりますが、100万円1口の3年定期で年10枚程度のジャンボ宝くじがもらえます。100万円が数億円に化けるかもしれませんよ」

調べてみると、スルガ銀行ではすでに11人もの億万長者が出ている。ほかにも、わざわざ神社で当せん祈願を行ったり、有名な売り場で購入したりする銀行もあるようだ。金利が低い今こそ注目したい金融商品だといえるだろう。

「中高年以上の人は、割高な保険や今の医療ニーズにマッチしていない“使えない”保険に入っていることがあります。保険は見直し効果が高いので、必ず確認してください」

「投資をするなら、中長期で見て上がっている『純金積み立て』が有力候補。実物資産はインフレに強いので、将来を見据えて資産のある程度を純金に換えてもいいでしょう。金だけでなく、ジュエリーに交換できるものもあり、気に入るデザインさえあればお得です」

「もしすでに株を保有しているなら、『貸株』をしてみましょう。これは、株を証券会社に貸し出すことで、レンタル料として相応の金利が支払われるサービス。この金利は銀行預金よりも高いことが多く、なかには10%を超えるものも。たとえば金利が1%だとすると、300万円貸株すれば年間3万円の収入になります。証券会社を選べば、配当金や株主優待も受け取れるので安心してください」

ただし、長期保有で株主優待の内容がグレードアップする銘柄を持っている場合、貸株によって対象から外れてしまうこともある。株主優待でアップする金額と、受け取れる金利の額を比べて判断しよう。

■車を手放せば年間数十万の支出減

「家や車を『本当に必要なのか』見直すことも大切です。たとえば、車を手放せば税金や維持費で年間数十万円のコストダウン。通勤に車を使うレベルの地域でなければ、必要なときだけレンタカーを利用すれば十分だと思います」

「またメディアで取り沙汰されている『空き家問題』や『ゴミ屋敷問題』も人事ではありません。老いて体の自由が利かなくなると、広い家を整備・維持していくことが難しくなるからです。そこで最近増え始めているのが家の『減築』です。部屋数を少なくしたり、2階建ての家をワンフロアにしたりするのです。もちろんお金はかかりますが、今後の生活が快適になり、掃除などの負担や労力も軽くなると思えば安いもの。検討する価値はあると思いますよ」

----------

黒田尚子

ファイナンシャルプランナー
個人向けの相談業務、セミナー・FP講座等の講師、書籍や雑誌・Webサイト上での執筆など幅広く活動する。

 

----------

(ライター 大高 志帆 写真=PIXTA)