GPフランス杯優勝のアリーナ・ザギトワ【写真:Getty Images】

写真拡大

GPフランス杯、フリー世界歴代2位の自己ベスト151.34点で逆転V…海外メディア絶賛の嵐

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第5戦・フランス杯は18日(日本時間19日)、女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)5位の15歳、アリーナ・ザギトワ(ロシア)が世界歴代2位の自己ベスト151.34点をマークし、合計213.80点で逆転優勝。中国杯のシニアGPデビューから2連勝でGPファイナル進出を決めた。“美しき新星”の圧巻フリーに対し、海外メディアは「完璧でこれ以上はありえない」「五輪メダルにふさわしい」と絶賛の嵐となっている。

 この新星の勢いはとどまることを知らない。ザギトワが圧巻の逆転劇で連勝を決めた。鮮やかな赤の衣装をまとい、「ドン・キホーテ」を舞った。前半はいつものように美しいステップ、スピンで魅了。そして、3連続を含め、後半に固めたジャンプをすべて着氷させた。15歳とは思えない演技で演じ切るも、リラックマが投げ込まれて喜ぶ姿は少女そのものだった。

 得点は世界歴代2位となる151.34点の高得点。SP1位のケイトリン・オズモンド(カナダ)、3位の白岩優奈(関大KFSC)、4位の三原舞依らをごぼう抜きで見事に逆転勝利を飾った。SPはミスが続き、5位と出遅れたが、GPシリーズ連勝。SP4位から逆転した中国杯の再現でGPファイナル進出を決めた。快進撃に対し、海外メディアも賛辞を惜しまずに送っている。

 米スケート専門メディア「icenetwork」は「ザギトワがGP2つ目の金メダルを引き寄せた」と見出しを打ち、書き出しで「彼女は再びやってのけた!」と興奮気味に記述。「ザギトワは完璧でこれ以上はありえないようなパフォーマンスを届けた」と圧巻の演技を絶賛している。

15歳が出した151.34点の衝撃「フリーは歴代で見ても上に立つのはメドベージェワたった一人」

 米放送局「NBCスポーツ」は「アリーナ・ザギトワがGPのファイナルスポットでプレッシャーに打ち勝ってみせた」と特集。「五輪メダルにふさわしいフリースケートを披露した」と評し、平昌五輪のメダル級であると評価している。

 さらに、151.34点を叩き出した自己ベストについて「彼女の練習パートナーは五輪最有力候補のエフゲニア・メドベージェワだが、歴代で見てもザギトワの上に立つのは、そのメドベージェワたった一人ということになった」と女王メドベージェワの160.46点に次ぐ世界歴代2位と紹介している。

 今年からシニアデビューの02年生まれ。3月には1歳上の本田真凜(関大高)を破って世界ジュニア選手権を制し、ジュニア時代から長い手足を誇る抜群のスタイルでファンを魅了。シニアデビュー後は圧巻の演技のみならず、美しい衣装が海外で称賛されるなど、話題の的になっていた。

 末恐ろしいのは、GPはともにSPでミスが出ており、まだまだ伸びしろを残していること。メドベージェワをおびやかす勢いすら感じさせる。その母国の先輩とはGPファイナルで激突する。果たして、どんな演技を見せるのか。注目は尽きない。