<RSMクラシック 3日目◇18日◇シー・アイランド・リゾート(7,005ヤード・パー70)>
米国男子ツアー「RSMクラシック」の第3ラウンドが終了。オースティン・クック(米国)が5バーディ・1ボギーの“66”をマークし、トータル18アンダーで単独首位に立った。
国内男子ツアーで松山英樹が活躍中!試合の様子はリアルタイムフォトで!
3打差2位にはクリス・カーク、首位と4打差の3位にはブライアン・ゲイ(ともに米国)が続いている。
また、続く単独4位には8バーディ・ノーボギーの“62”をマークして猛チャージを見せたJ・J・スポーン(米国)が入っている。2016年覇者のケビン・キスナー(米国)はトータル12アンダーで単独5位に浮上した。

<ゴルフ情報ALBA.Net>