浦和の日本代表5人衆が“ハリル流”を体現 強行軍の不安を払拭した痛快なデータとは?

写真拡大

デュエルで8勝1敗だった槙野を筆頭に、アル・ヒラル相手に互角の戦いを見せる

 日本代表の欧州遠征から強行軍でサウジアラビアに乗り込んだ浦和レッズ所属の選手たちが、敵地でのゲームで“ハリル流”のプレーを見せつけていた。

 AFCチャンピオンズリーグ(ACL)の決勝第1戦、敵地アル・ヒラル戦のデータを大会公式サイトが公開している。

 バヒド・ハリルホジッチ監督の率いる日本代表は、11月の国際Aマッチウィークで欧州遠征を敢行し、ブラジル代表(10日/1-3)、ベルギー代表(14日/0-1)と対戦。浦和からはGK西川周作、DF遠藤航、DF槙野智章、MF長澤和輝、FW興梠慎三と、ACL決勝直前の中で大量5人が招集されて物議を醸した。5選手はベルギー戦後、ドイツ経由でサウジアラビア入りする強行軍でこのゲームに臨んでいた。

 しかし、コンディション面の不安が囁かれるなかでも、5選手はそれぞれに強さを発揮。日本代表監督に就任以降、ハリルホジッチ監督が強調し続けている「デュエル」(1対1)の勝率で、フィールドプレーヤーの4選手は互角以上の戦いを見せている。

 圧巻の数字を残したのはセンターバックの槙野で、地上戦が6勝1敗、空中戦が2勝0敗と鉄壁の強さを誇った。右サイドバックの遠藤も地上戦4勝3敗、空中戦1勝2敗と五分に渡り合っている。中盤では長澤が地上戦6勝2敗、空中戦なしと強さを見せ、前線で孤立する場面が目立った興梠も地上戦6勝4敗、空中戦2勝1敗と高い勝率を残した。

左SBの宇賀神が狙われるも、全体でカバー

 守護神の西川も、前半の半ば過ぎに立て続けに訪れた決定的なピンチを2本連続でファインセーブ。1失点こそしたものの、ゴールまで飛んできたシュート4本をセービングする活躍を見せた。

 さらに、最終ラインでは槙野とセンターバックを組んだDF阿部勇樹も地上戦4勝1敗、空中戦2勝0敗と堅牢さを発揮した。出場停止のブラジル人DFマウリシオに代わってスタメン起用された左サイドバックの宇賀神友弥が地上戦3勝7敗、空中戦1勝1敗と狙われた感はあるものの、中盤から後方にかけて高い集中力とボール際の強さを発揮したことがデータで明らかになっている。

 大会全体を通しても、全チームで首位に立つ得点数など攻撃力が浦和の象徴になっているが、同時にデュエル勝率の高さも示してきた。そうした“力強さ”を示す先頭に立った日本代表メンバーたちは、過密日程の不安を払拭だけの活躍を見せ、貴重な敵地での引き分けに大きく貢献した。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images