11月19日の『NHKスペシャル』(NHK総合、毎週日曜21:00〜)は、“坂本龍馬暗殺”の隠された真実を描く「ドラマ 龍馬最後の30日」を放送する。

今年没後150年を迎える、幕末のヒーロー・坂本龍馬。龍馬と言えば、薩長同盟と大政奉還の立役者。だが、その人生のクライマックスは、大政奉還を成しとげた後、暗殺されるまでの最後の30日にあったことが、近年次々と発見されている資料から明らかになってきた。

龍馬が目指したのは、内戦を避け、平和裏に新たな時代を作ろうとする幻の「新国家計画」。さらに大胆に推測すれば、この計画こそが、龍馬暗殺の引き金となったかもしれないという「新たな暗殺論」まで浮かび上がってきている。

明治維新後の日本政治の大事な分岐点であったかもしれない、大政奉還後の1か月。常に身の危険を感じながらも、命を懸けて闘った知られざる“龍馬最後の30日”を、新しく発見された資料を踏まえた大胆な仮説に基づき、スリリングなドラマとして届ける。

龍馬役の新井浩文、岡本健三郎役の伊藤淳史ほか、宇梶剛士、苅谷俊介、筒井道隆らが出演する。