冬が近づいてくると目覚めが悪くなってしまい、起きるのがつらくなってしまいますよね。一日の始まりをもっと爽やかに迎えることができたら……と思ったら、これからご紹介するアイディアを一つだけでも取り入れてみてください。
ちょっとの変化で、今よりもっとすっきり目覚めることができるようになるかもしれません。

お気に入りのお茶をゆっくり味わう

朝はゆっくりしている時間がないことも多いですが、その焦る気持ちをいったんわきに置いて、まずは温かい飲み物で体を徐々に起こしていくのはいかがでしょうか?
時間がないならマグカップにティーパックと水を入れて、1、2分ほど電子レンジで加熱するだけでも温かい紅茶がつくれるのです。マグカップ片手に家事や食事の用意をしてしまえば、朝のティータイムは上出来!
体が冷たいままで朝からテキパキ動こうとすると、相当な精神力を必要とします。しかし体を温めればちょっとの気合いでどんどん朝のタスクが進むことでしょう。

甘いお菓子を少し食べる

朝一番にお菓子によって糖分をとると、何も食べないときよりも脳が早く動き出します。起きてすぐに頭をフル回転させたいならとくにおすすめの方法です。ばら売りのチョコレートやクッキーなどを常にストックしておき、起きてすぐに一口つまんでみてください。
最近テレビで知ったのですが、天才子役として有名なある女優さんの家庭では、朝から家族でアイスを食べる習慣があるそうです。朝に糖分をとって脳を活性化させるためにとお父さんが提案したとのこと(本人談)。
食べすぎには注意ですが、天才子役の家庭も実践済みとなれば取り入れないわけにはいかないかも!?

ご機嫌なミュージックを流す

脳を起こしてテンションを上げるためには音楽のはたらきを見逃すことはできません。その日の直感に従って、自分がもっとも元気になれそうな曲を選んでみてください。
ちなみに筆者は、ガールズポップやR&Bをよく聴き、とくにアリアナ・グランデさんの力強い歌声にはいつもお世話になっています。

SNSをチェックする

朝起きたらベッドの中でしばらくボーっとSNSの投稿を眺めることも効果的です。しかしこれはあっという間に時間がすぎてしまうことが多いので、好きな芸能人の投稿や気になるブログなどをサクッとチェックすることにとどめましょう。また、ネットニュースをチェックしたり天気予報を調べてみるのもいいですね。目からたくさんの情報を取り入れて頭が動き始めてきたら、いよいよ朝の行動スタートです!

花や観葉植物の手入れをする

自宅に花や観葉植物があれば、朝一番に水を取り替えるなどお手入れをおこなうのがおすすめ! 美しい花や植物たちを愛でることで、慌ただしいはずの朝に心の余裕を生み出すことができます。
花の手入れなどやっても数分。しかしそのわずかな時間を大切にして、次のやるべきことへ落ち着いて行動をシフトするというだけで、朝の充実度がグッと増すのではないでしょうか?

今日のやりたいことを書きあげてみる

お気に入りのノートを枕元に置いてもいいですし、スマホのメモに打ち込んでもかまいません。ポイントは内容をToDo(やらなければいけないこと)にしないこと! それでは朝からテンションが下がってしまいます。書きこみたいのは、「仕事帰りにウィンドウショッピングをする」「欲しかった雑誌を買う」など、気分がウキウキすること。
朝のけだるさを吹き飛ばすくらい楽しみごとをたくさん想像して、今日を楽しく乗り切りましょう!