J2最終節、昇格PO行きを懸けた“ラスト2枠”の戦い 4チームの進出条件は?

写真拡大

5、6位の座を巡り徳島、東京V、松本、千葉の4チームが最終節に挑む

 今季のJ2は湘南ベルマーレの優勝による1年でのJ1復帰、高田明社長のもと急速にクラブ改革を成し遂げたV・ファーレン長崎の史上初の昇格と、すでに自動昇格の2チームが決まった。

 その一方でここから熱を帯びるのが、残り「2枠」となった昇格プレーオフ出場権を巡る戦い。19日に行われるJ2最終節は、直接対決を含む4チームによる争いとなる。各チームの状況を整理してみた。

 まずは、残り1試合時点でのJ2上位の順位表は以下の通りだ。

<自動昇格圏>

1位:湘南 勝ち点82/57得点・35失点/得失点差22☆

2位:長崎 勝ち点77/55得点・40失点/得失点差15☆

<プレーオフ圏内>

3位:福岡 勝ち点73/53得点・35失点/得失点差位18

4位:名古屋 勝ち点72/83得点・65失点/得失点差18

(ここまで昇格プレーオフ進出確定)

5位:徳島 勝ち点67/70得点・43失点/得失点差27

6位:東京V 勝ち点67/62得点・48失点/得失点差14

<プレーオフ圏外>

7位:松本 勝ち点66/61得点・44失点/得失点差17

8位:千葉 勝ち点65/68得点・57失点/得失点差11

(☆は昇格決定)

 3位福岡と4位名古屋の順位が入れ替わる可能性はあるが、すでに4位以上は確定、注目は5〜8位の対決だ。プレーオフ出場権を巡って天国と地獄を分ける戦いに臨むのは、徳島、東京V、松本、千葉の4チームとなる。それぞれの最終節の対戦カードとともに、勝ち上がりの条件を見ていきたい。

■東京ヴェルディ(6位) vs 徳島ヴォルティス(5位)

 5位と6位の直接対決となるが、5位の徳島は4チームの中で“負けなければ大丈夫”という立ち位置だ。勝利すれば文句なしで5位を確定。引き分けの場合は東京Vと、千葉が勝利した場合に勝ち点「68」で並ぶことになるが、ここでものをいうのは得失点差。4チームの中で断トツの「27」をマークしており、松本が勝利し、千葉が16点差以上の勝利を挙げない限り順位が7位以下になることはない。

 対する6位の東京Vは、現状は昇格プレーオフ圏内ながら、勝たないと7位以下に落ちる可能性が膨らむ。敗戦した場合、松本が勝つと逆転を許し、引き分けでも勝ち点「67」で並ぶことになり、得失点差で松本が上に行くため7位転落。また松本が勝てなかったとしても千葉が3点差以上で勝利した場合にかわされる。

 また、引き分けたとしても松本が勝利すると勝ち点で抜かれる。何はともあれ、勝利すれば5位を確保できるため、ホームで勝ち点3を確保したい。

松本は勝てばPO進出、千葉は唯一の“他力”

■松本山雅FC(7位) vs 京都サンガF.C.(12位)

 目の前の相手に勝利できるかどうか。松本のプレーオフ進出条件はシンプルだ。勝ち点1差で追う徳島と東京Vが直接対決ということもあって、両者が勝ち点3を得る可能性がない。そのためホーム、アルウィンで勝利すれば6位以内を確定できる。

 引き分けた場合は、得失点差を見れば東京Vが徳島に敗れた方が6位以内に入る可能性は高まるが、8位千葉が勝利した場合は勝ち点で抜かれてしまう。そのため、やはり勝利して自力で決めたいところ。京都との対戦成績は4勝5分。無敗と相性の良い相手を本拠地で叩けるか。

■ジェフユナイテッド千葉(8位) vs 横浜FC(9位)

 4チームの中で唯一“他力”の状況だ。昇格圏内浮上への条件はこうなる。

(1)徳島対東京Vのいずれかが勝利、松本が引き分け以下、千葉が勝利

(2)徳島対東京Vが引き分け、松本が引き分け以下、千葉が3点差以上の勝利

 千葉として最良のシナリオは(1)とはいえ、2試合の結果に委ねられているのは間違いない。とはいえチームはシーズン最終盤にきて6連勝中で、そのうち3点以上奪った試合は3つある。攻撃力を増してきているだけに、奇跡のプレーオフ滑り込みも、決して不可能ではない。

 J2最終節、決戦の火ぶたが切って落とされるのは16時。果たして90分の戦いを終え、拳を突き上げるチーム、ピッチに倒れ込むクラブはどこか――。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web