【警告】清水=白崎(42分)、犬飼(71分) 札幌=河合(24分)、ジェイ(83分)、内村(90+3分)
【退場】なし
【MAN OF THE MATCH】ジェイ(札幌)

写真拡大 (全2枚)

[J1リーグ32節]清水0-2札幌/11月18日(土)/アイスタ

【チーム採点・寸評】
清水 5
札幌の戦い方はかなり分析してきたが、序盤は警戒していた形で押し込まれて失点。攻撃も細かい部分でのズレが目立って5試合連続の無得点で完敗。
 
【清水|採点・寸評】
GK
13 六反勇治 5.5
セットプレーの対応で安定感を見せ、全体的に大きな破綻はなかったが、ジェイのシュートは2本とも止めきれず。
 
DF
2 清水航平 5.5
前半はチャナティップのドリブルに対応しきれず。チームがペースを取り戻すなかで攻撃参加は増えたが、決定機は作れなかった。
 
3 犬飼智也 5.5
ゴール前では粘り強く対応したが、ジェイに対して空中戦でも足下でも勝てず、攻撃の起点を作らせてしまった。
 
26 二見宏志 5.5
ジェイへの対応については犬飼と同様。失点シーン以外に決定機は作らせなかったが、2点目は止めきれなかった。
 
25 松原 后 5.5
ミスではないが、2失点ともジェイを抑えきれず。攻撃では徐々に持ち味を発揮するも、決め手を欠いた。
 
MF
17 河井陽介 5.5(72分 OUT)
序盤は札幌の勢いに飲まれ、チャナティップに手を焼いた。ペースをつかんだ後も彼らしさは出し切れなかった。
 
20 竹内 涼 5.5
序盤は相手の勢いと早いプレッシャーに抗しきれず主導権を奪われた。縦パスは多かったが、前への絡みは物足りない。
 
19 ミッチェル・デューク 5.5
パワーや高さの面で札幌に対抗できていた貴重な存在だが、ゴール前では相変わらず精度や状況判断が不足している。
 
10 白崎凌兵 5.5(66分 OUT)
主導権を奪い返した時間帯でも攻撃面で本来の冴えが見られず。ミスもやや目立ってひとり目の途中交代に。
 
FW
30 金子翔太 5.5(72分 OUT)
ボールを受ける動きは良かったが、受けた後のミスが目立って決定的な仕事はできず。リスタートのキックでは好機を作った。
 
23 北川航也 5.5
攻守に気持ちの入ったプレーを見せ、動きも悪くなかったが、前半終了間際の決定機を外したのは悔やまれる。
 
交代出場
FW
18 長谷川悠 5.5(66分IN)
バイタルエリアでボールを収めながら流れを作ったが、ゴール前では迫力不足。77分のチャンスでも有効なシュートが打てず。
 
9 鄭大世 5.5(72分 IN)
72分から満を持してピッチに復帰。前線で強さを発揮して周囲を助けたが、自身はパスに恵まれずシュート0本。
 
MF
11 村田和哉 5.5(72分 IN)
縦のスペースを消されて持ち味を発揮することが難しくなり、見せ場は少なくチャンスにも絡めなかった。
 
監督
小林伸二 5
立ち上がりの展開を読み切れず、相手のやりたい通り押し込まれて先制点を奪われたことが最大の敗因となった。
【チーム採点・寸評】
札幌 6.5
ジェイやチャナティップという個の力を生かしながら、チームとしても気持ちをひとつにした高いパフォーマンスを見せ、16年ぶりのJ1残留をつかみ取った。
 
【札幌|採点・寸評】
GK
25 ク・ソンユン 6
危ない場面は少なかったが、54分のCKからのピンチではリーチの長さを生かした好セーブを見せるなど安定していた。
 
DF
2 横山知伸 6.5
河合の負傷で3バックの右から中央に移動。カバーリングだけでなくクサビにも厳しい対応を見せて守備を統率した。
 
4 河合竜二 6(43分 OUT)
3バックの中央でベテランらしいリーダーシップを発揮していたが、交錯プレーで左足を傷め、43分に負傷交代。
 
24 福森晃斗 6.5(84分 OUT)
危なげない守りを見せながら積極的に攻撃参加し、ボックス内での冷静な判断からジェイの2点目をアシスト。