ダイハツの軽商用バンであるハイゼットカーゴ、軽ワゴンであるアトレーワゴンが11月中旬、マイナーチェンジを受けました。

軽商用バンのハイゼットは1960年に発売され、身近な「はたらくクルマ」として累計生産台数は400万台を超え、現在のダイハツ車の中で最も歴史あるモデルになります。

ハイゼット カーゴは、1961年にリリースされた「ハイゼット ライトバン」から始まり、現在は10代目。一方のアトレー ワゴンは、ハイゼット カーゴをベースとした軽乗用モデルで、広い室内と荷室が魅力です。

今回のマイナーチェンジの目玉は、ステレオカメラを使った衝突回避支援システムである「スマートアシスト(スマアシ)」の搭載で、「SA掘廛哀譟璽匹防現狒備されます。

「スマアシ掘廚蓮⊂彳揚鏗押Ψ攜坤屮譟璽、車線逸脱警報、誤発進抑制機能(前方、後方)、先行車発進お知らせ機能、オートハイビームからなるもの。

中でも注目は、軽商用車としては初となる、歩行者も認識する衝突被害・軽減ブレーキの採用で、国が普及を進めている「セーフティ・サポートカーS」の「ワイド」に該当します。

そのほか、リヤコーナーセンサー、エマージェンシーストップシグナル、VSC&TRCも採用され、全車にABSが標準設定されています。

価格帯はハイゼット カーゴが934,200円~1,495,800円。なお、「スマアシ掘廚鯏觝椶垢襦SA掘廛哀譟璽匹1,063,800円~1,495,800円。アトレーワゴンは、全車「SA掘弖魯哀譟璽匹砲覆蝓価格帯は1,533,600円~1,787,400円です。

(塚田勝弘)

【新車】軽商用車初の歩行者対応「衝突被害・軽減ブレーキ」を搭載。ダイハツ・ハイゼット カーゴ、アトレー ワゴンがマイナーチェンジ(http://clicccar.com/2017/11/19/532890/)