「面倒な仕事」を一瞬で「楽しい時間」に変えるコツ

写真拡大

新著『人生、余裕で生きる極意』を出版した人気書道家の武田双雲氏が教える、人生から「困ったこと」が限りなくゼロになる極意。今回は、朝からイヤな気分になるような面倒な仕事を、楽しい時間に変えてしまうコツをお教えしましょう。

面倒な仕事のときはだいたい
「私」は主語でも主役でもない

 朝、ベッドの中で目を覚まして、今日1日について考える……。

 面倒な仕事ばかりでイヤな気分になって、起きる気もしない……。 

 こういう人は意外に多いかもしれません。そこで、そんな朝のそんなイヤな気分を余裕のある気分にサッと変える、とっておきのコツを紹介しましょう。

 毎朝──

 今日1日の予定を考えるとき、「私」を主語にしてみる。

 これだけです。

 と言うのも、面倒な仕事というのは、だいたい「私」が主語になっていません。

「私」は主語でも主役でもなく、いつも「仕事をやらされている存在」。

 主語、つまり「主役となっている」のは、ほとんどの場合、

「会社の上司」だったり、

「会社のルール」だったり、

「会社の空気」だったりします。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)