30歳で筑波大学学長補佐!科学者・落合陽一が説く「人間のアップデート」とは

写真拡大

科学者の落合陽一が、11月19日(日)23時30分放送の『情熱大陸』(MBS/TBS系ネット)に出演する。

“着る音楽”を実現するために20ものスピーカーを実装した革ジャン、超音波を使って空中に描く絵画、触ることが出来る光……ITを活用して「誰も見たことのない」装置やアートを次々と開発し、“現代の魔法使い”と呼ばれる男がいる。2015年、28歳の若さで世界最先端の研究者を選ぶ米・ワールドテクノロジーアワードを、青色発光ダイオードの中村修二さん以来日本人として2人目に受賞。現在は、30歳にして筑波大学学長補佐や助教を務めながら、コンピュータとアナログなテクノロジーを組み合わせた視覚的作品やAIを使った研究開発で様々な企業とコラボレーションする会社の代表を務めている。その独創的な発想や発言に注目が集まり、「メディアアーティスト」という肩書でテレビ番組や講演会にもひっぱりだこだ。

人工知能社会の到来によって、近い将来、人間は7〜8割もの仕事を機械に奪われ機械に管理されるといったネガティブな予測が注目される中、落合はそれを真っ向から否定。むしろ凝り固まった人間性へしがみつくのをやめて、“人間もアップデート”することを目指し、自然な形で機械と人間が融合する「デジタルネイチャー」という新たな世界観を説く。

番組では、睡眠時間は一日平均4時間、研究に没頭し始めると眠くなるので、主食はお菓子のグミやガムになるというその特異な研究生活に密着。イルカとコミュニケーションをとるための研究や、この2年間温め続けてきたという「次世代の“ディスプレイ”」開発着手の風景など、常に膨大なプロジェクトを同時進行させながら新たな価値観を生み出す奇才の頭の中とは。落合の思い描く未来を徹底分析することで、これからの時代を生き抜くヒントを探る。