「GTO」で生徒役で共演した竜星&松井が、先生役で再共演。二人を直撃!/撮影=龍田浩之

写真拡大

三浦春馬が30歳の童貞を演じ、ぶっとんだ設定で話題沸騰中の「オトナ高校」(テレビ朝日系)。11月18日(土)の放送を前に竜星涼と松井愛莉のSP対談をお届けする。

【写真を見る】松井愛莉のスラリ美脚!こんな先生になら怒られた〜い/撮影=龍田浩之

■ 生徒役で共演の2人が先生役で再共演!!

――今回は翔馬先生役の竜星さんと、さくら先生役の松井愛莉さんの“先生”対談です。お二人共、まずはこの作品のことを最初に聞いた際にどう感じたかを教えてください。

竜星 愛莉ちゃんからどうぞ? このぶっ飛んだ役が来たときの感想を(笑)。

松井 今まで生徒役しか演じたことが無かったので、まずは不安の方が大きかったです。教壇に立ってみんなの前に立って話すと考えたときはちょっとゾッとしましたね(笑)。あとやっぱりキャラに驚きました。自分と真逆な部分が多かったんですが、その分面白いな、頑張りたいなと思いました。

竜星 僕は『童貞と処女を卒業させるオトナ高校』というワードと生徒役がみんな大人たち、ということを知った時点で絶対に面白い作品になるんだろうなと思いました。「出たい!」と即決でした。あと僕も初めての先生役だったのでこれは挑戦になるなと。愛莉ちゃんとは前に生徒役で共演をしていたので、それがまさか先生役で再共演とは。

松井 ホントだよね。今でも変な感じ。

――実際に先生を演じてみていかがですか?

竜星 いやもう教壇に立ったときのプレッシャーがすごいんですよ!

松井 そうそう! あれ何だろうね。

竜星 全員の視線が全部自分に向くんです。みんなが一言一句を聞いている感じがしてすごく緊張感を感じました。最初は正直「やりづらいな〜…」と思いながらやっていました。でもそのうち逆に「先生はクラスの主導権を握れる唯一の人間だから、思いっ切りやるべきだな」と考え直しましたけど。

松井 私も初めて教壇に立ったときのみんなの視線の怖さに驚いて、覚えていたはずのセリフが飛んでしまって。人前に立つってこんなに緊張するんだってあらためて思いました。

竜星 本物の先生たちって大変だなって思うよね。

松井 本当に。

竜星 まとめるって大変なんだろうなぁ。疑似体験をさせていただいています。

■ “本当にそういう人なの!?”と聞かれることも…

――放送後の反響はどうですか?

竜星 そうだよ、反響どうなの?

松井 メッチャいいよ。

竜星 役柄的にみんなにビッチって言われるの?

松井 言われはしないけど(笑)、でも一回「本当にそういう人なの?」って聞かれました。

竜星 あはははっ!

松井 ちゃんと違うよって返しましたけど、でもみんな本当に「面白い」「いい役だね」と言ってくれて。いい反響しかないです。弟が今高校3年生なんですが、その弟も「毎回、腹抱えて笑ってる」と言ってくれてすごくうれしかったです。

竜星 僕はこの間、けっこう近しい人から「いつもの竜星さんそのままですね」と言われて全くその意味が分からなかったです。「どういうこと!? 自分では全く違う人間だと思ってたけど、みんなから見るとむしろあぁいう風に見られてるの!?」みたいな。ちょっとビックリでした(笑)。

■ ぶっとんだセリフにも抵抗はなくなってきました

――松井さん、そこら辺どうなんでしょう?

竜星 俺と翔馬じゃ全然違うでしょ?

松井 え…もうなんかよく分かんなくなってきた(笑)。

竜星 えぇ〜!?

松井 あぁでも、熱いところは翔馬に似てるなって思いますね。

竜星 そう? 俺そんな熱いところを愛莉ちゃんに見せたことある!?

松井 え、うん。すごく熱いイメージがあるよ?

竜星 そうなんだ…。そうらしいっス。なんか照れます(笑)。

――逆に竜星さんから見た松井さんの印象は?

竜星 ブッ飛んでいることを堂々と臆せずやっているなぁとすごく感じます。前に共演したのは何年くらい前だっけ?

松井 3年くらいじゃない?

竜星 そっか、それぐらい経つんだ。お互いに役者として成長をしてまたここで共演できたのは単純にうれしいなと思います。自分は分からないけど、相手のステップアップは確実に感じますし…って、ちょっとだけ褒めてみました(笑)。

松井 褒めてもらいました(笑)。竜星くんは「GTO」(2014年、フジ系)のときからお兄ちゃん的な存在で、すごく面倒を見ていただいて。そんな中で教師役でまた共演できたのはやっぱりうれしいです。あと、私すごく竜星くんが一話で言った「一生マスターベーションしている気ですか?」っていうセリフの印象が強いんだけど、何でだろ?

竜星 そこなんだ!? (笑) それ、ぜひそのまま書いておいてください!(笑)

――実際そういう系のセリフに少し抵抗があったりするものですか?

松井 今はもう、全然ないですね。

竜星 あはははっ! すごいね!? (笑)

松井 なんか慣れた(笑)。感覚が麻痺してきたのか、もうヤバイ言葉なのかどうかも分かんなくなってきちゃった。

竜星 女優魂なのか、それともプライベートでも言い過ぎているのか…。

松井 いやいや、プライベートでは言わない!!(笑)。でも本当に抵抗なく普通に言えてしまっていますね。第1話からけっこうセックスなどの言葉が多かったのでセリフの練習をしているうちにさくら先生の感覚になってきているのかも。

■ 成長と感動のラストを予想します!

竜星 僕はそういうセリフを教室などのセット内で言うことが多いのでまだそんなには感じないですけど、(三浦)春馬くんみたいに外ロケで叫ぶシーンとかがあると、ちょっと恥ずかしくなるかもしれない…。

松井 春馬さん、都会の街中で「やらせてくれよ!」って叫んでましたもんね。

竜星 いっそ逆に気持ち良く思えるのかな? 仕事だからと割り切って堂々と叫ぶ良さがあるとか。

――じゃあもしも今後、機会があったら(笑)。

竜星 ぜひぜひ。え、仕事の中ですよね? だったらやりますよ全然(笑)。

――最後にお二人から今後の見どころを教えてください。

松井 作品自体も楽しんでもらいたいですが、今後は一人ひとりの成長がチラチラと見え始めてくると思うので、そこにも注目していただきたいです。

いただけたらいいなと思います。

竜星 いろいろな面白ネタや伏線をどう回収していくのかがキャストとしても楽しみです。もう今の恋愛相関図がグッチャグチャで訳が分からない感じになっていますけど(笑)、最後は感動できる展開になるんじゃないかなと勝手に予想しています。楽しみにしていてください!

■ 第5話(11月18日[土]放送)あらすじ

オトナ高校に“王子”を自称する童貞・岩清水叶(城田優)が入学してきた。しかもこの岩清水の親こそ、ほかでもないオトナ高校を創った総理大臣…! 権力にあっさりひれ伏した校長・嘉数喜一郎(杉本哲太)は「王子の童貞&オトナ高校卒業こそ最大の使命!」と、あからさまな特別扱いを公言。“卒業させたらボーナス支給”というご褒美に釣られたエロ小悪魔教師・姫谷さくら(松井愛莉)は、さっそく岩清水を誘惑し始める。

しかも、永遠のスペア処女・園部真希(黒木メイサ)までもが、岩清水に積極アプローチ!? 彼女たちを異性としてバリバリ意識しているエリート童貞・荒川英人(三浦春馬)は、言うまでもなく、この状況に心中穏やかでない…。しかし、そこは無駄なプライドと勘違いでほぼ人格が形成されている残念男。「僕ほどのエリートなら、総理の息子くらいがライバルとしてちょうどいい」と、妙なヤル気をみなぎらせてしまう。

一方、岩清水は総理の御子息パワー全開でやりたい放題。百戦錬磨の教師陣の授業を次々とボイコットするわ、校則はガン無視するわ…と、オトナ高校の風紀をことごとく乱し、ついには学級崩壊に!

そんな折、英人と55歳童貞部長・権田勘助(高橋克実)は聞き捨てならない噂を耳にする。幼い頃からピアノ一筋の岩清水は、コンクールで出会った初恋相手を未だ想っているというのだ! 真相を確かめようとする2人。果たして王子に隠された“切ないヒミツ”とは…?

その頃、オトナ高校では御子息ケアにかまけてペンディングにしていた、もうひとつの議題が本格的に持ち上がる。それはEDだと判明した権田と、同性愛者で英人に片思いしていることが判明した川本・カルロス・有(夕輝壽太)の処遇! そんな中、川本から恥じらいがちに体育館の裏へ呼び出された英人は、思いもよらなかった“初めての感情”に包まれ…!?

■ 第6話(11月25日[土]放送)あらすじ

国家の極秘プロジェクトだった…はずのオトナ高校――。ところが、悪気はないがウッカリ屋の卒業生のせいで、制服を着たエリート童貞・荒川英人(三浦春馬)と55歳童貞部長・権田勘助(高橋克実)の写真がSNSに流出。オトナ高校の情報とともに拡散し始めた! 校長の嘉数喜一郎(杉本哲太)は、国の対応が決まるまで学級閉鎖することを決定。英人と権田は手に手を取り合い、社会の逆風に耐える覚悟を決める。その一方で、英人にはどうにもこうにも心に引っかかることが…。それは先日、一緒に高級ホテルへと消えていった権田と、永遠のスペア処女・園部真希(黒木メイサ)の関係! 真希に好意を寄せる英人は、カッコつけて平静を装いながらも、心の中でコソコソと勘助をライバル視し始める…!

そんな中、オトナ高校の毒舌教師・山田翔馬(竜星涼)が経営する「スナックペガサス」で、自由参加の特別課外授業が行われる。「未来に向けた子育て実習」と銘打って現れたのは、なんと翔馬の5人の子どもたち。可愛いと思ったのもつかの間、子どもをあやすことひとつできない英人たちは「君たちは子守ひとつも出来ないんですか」と、父親似でシニカルな子どもたちに罵倒されてしまう。しかし、翔馬が亡き妻を想いながら不満のひとつも漏らさず、男手ひとつで子育していることを知った生徒たちは、若干反省。高学歴・高身長・高収入でも女性に恵まれないのは、自分のためばかりで、“誰かのために”じゃなかったからだ――そう痛感した英人も一念発起! “ある事件”を機に、またまた現状を明後日の方向に勘違いした英人は、真希のために生きようと立ち上がるが…!?

一方、英人に失恋した同性愛者の川本・カルロス・有(夕輝壽太)と、そんな川本に失恋した引きこもりのこじらせ処女・斑益美(山田真歩)にも、新たな恋の予感が到来!? そして、ED回復のために日々努力を繰り返していた権田にも…本人すら予想しなかった“未知の本能”がそびえ立つ――。(ザテレビジョン)