台湾代表の洪一中監督

写真拡大 (全2枚)

(東京 18日 中央社)台湾、日本、韓国がアジア一を争う「アジアプロ野球チャンピオンシップ」(16〜19日、東京ドーム)。同大会に出場している台湾代表の洪一中監督が17日、翌18日に対戦する日本代表について「投、打、守、走はいずれも高いレベルにある」としつつも、「選手たちを励ました。勝てないライバルはいないと」「日本戦は負ければ後がない試合だが、全力で勝ちにいきたい」と意気込んだ。

台湾はこの日、0−1で韓国に惜敗し、黒星スタートとなった。韓国は16日の初戦で日本にサヨナラ負けしたが、台湾を下すことで決勝進出が決まった。

(謝静ブン/編集:羅友辰)