呂比須監督はチームを立て直すことはできず。J2降格の責任を取る必要があると語った。写真:徳原隆元

写真拡大

[J1リーグ32節]新潟1-0甲府/10月29日/デンカS
 
 新潟は32節、甲府に1-0で勝利を収めたものの、他会場で広島が神戸を下し勝点3を積み上げたため、2004年のJ1昇格以来、初のJ2降格が決定した。
 
 試合後、呂比須ワグナー監督は会見にて、「非常に難しく苦しい状況で勝利が求められていた。オウンゴールもあって勝てたけれど、こういう結果になってしまい心から申し訳なく思っている」と、謝罪の念を口にした。
 
 今年5月から、三浦文丈監督に代わり新潟の指揮官に就いた呂比須監督は、初采配となった12節の札幌戦に勝利したものの、以降はリーグ戦18試合勝ち星なし。約5か月ぶりの勝利となった29節のG大阪戦からの直近4試合は無敗も、これまでの敗戦を取り返すにはあまりに足らず、チームを救うことはできなかった。
 
「もっと早めに新潟らしい戦いをしなければいけなかった。選手たちは頑張ったけれど、監督としていろんなミスがあった」
 
 会見ではさらに、今季の戦いぶりをそう反省し、「言い訳はできないし、結果的に監督が責任を取らなければいけない」と、退任を示唆するような発言を残した。
 
 新潟の中野幸夫社長は、「今日のこの結果を受けて、新しい体制については明日から考えたい」と、去就について具体的な明言は避けたが、呂比須監督の進退は果たして――。

【新潟 1-0 甲府 PHOTO】サポーターの願いは届かず。新潟がJ2に降格
 
取材・文:多田哲平(サッカーダイジェストWeb)